事件

岡江久美子/医師は誰で名前は?自宅療養は誤診断?持病なし・若者も起こるサイトカインストームとは

岡江久美子さんがコロナウイルスで亡くなりました。

はなまるマーケットで約17年間も勤められていましたが、

非常に悔やまれます。

お悔やみ申し上げます。

 

さて、岡江久美子さんの病状の経緯ですが、以下の通りのようです。

・発熱のため、4/3に診断を受けたが自宅療養を命じられる。
・4/6から病状が急変
・4/23 5時過ぎに亡くなる

 

さて、上記のような病状ですと、

最初に自宅療養を命じた医師の判断が誤判断であったのではないかと思います。

医師の

 

 

どうやら急変した理由は、

去年の末に乳がん手術などを行なっており免疫が落ちていたのが原因だったようです。

 

その免疫が落ちている状況はサイトカインストームと呼ぶそうです。

異常なサイトカインが増加して症状が出るとのことです。

これは若者でも起こりうるようで、

しかも持病は関係ないそうです!!!

くれぐれも気をつけてください!

 

少なくとも肺炎はすごくひどかったのだろうということで、

それだけじゃないのかもしれませんが、

「免疫の暴走=サイトカインストーム」による影響は、

繰り返しになりますが「持病なし」でも起こりうることです。

 

どんな人でも、たとえ今元気であろうとしても

十分にお気をつけください。

誰がかかるかわかりません!

 

岡江久美子さんのように直近で乳がん手術している方は

必ず十分な検査を受けてください!