事件

植松聖/初公判の判決結果。Facebook画像の目が怖すぎて性格難あり

相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人が殺傷された事件。

本日初公判となります。判決結果ははたしてどうなるのでしょうか?

注目を集めています!

 

植松聖被告は逮捕後、

「意思疎通できない人たちを刺した」

「障害者なんていなくなればいい」

 

などと話していたようです。なんとも残忍な発言ですよね!

 

Facebookの写真がありますが、こちらになります。

ちょっと目が怖いですよね…

ギョロっとしてます、、性格もちょっとオラオラ感を感じますね…

 

関係者によると、弁護側も殺傷行為自体は認め、「事件当時は大麻による精神障害で心神喪失状態だった」と主張する方針だそうです。

判決結果はどうなるのか、分かり次第、追加してまいります!

植松被告は初公判前の取材に、起訴内容を認めると話しています。

争点は、犯行当時、責任能力があったかどうかであるようです。

植松被告は取材に対し、起訴内容を認める考えを示した一方、弁護側は心神喪失状態だったと無罪を主張する方針だそうです。

 

植松被告は2019年10月、接見したフジテレビの記者に対し

「考えが変わったというより、深まってきている。『意思疎通ができない人は有害である』と説明できるようになった」

と語っています。

冷静な判断ができるようになった今、どのような言葉を語るのか?

 

はたして思惑通り、判決結果は無罪となるのか、注目です。