芸能

長渕剛/急病の容体は?緊急入院の絶対安静で広末涼子も心配のコメント

歌手の長渕剛(63)が23日、急性腎盂(じんう)腎炎のため都内の大学病院に緊急入院していることを明らかにした。

長渕剛さんの急病の容体は?

この日夜に東京・六本木で予定した主演映画「太陽の家」(権野元監督、来年1月17日公開)のクリスマス上映会を欠席。女性スタッフが「登壇を予定しておりました主演長渕剛さんが欠席となりました。申し訳ございません」と謝罪しながら病状について公表する場内はどよめいた。

長渕は10月からコンサート会場で映画を先行上映する初の「シネマ&ライブツアー」(10都市17公演)を展開し、今月17日に千葉・幕張で終えた。同スタッフによると、公演終了後に腹部への激痛と発熱が始まり、同20日には「極度の痛みと高熱が発生」し、救急車で搬送。医師の診断によると、現在も「絶対安静の状態」が続いている。この日はイベント出席を望んだが、朝の容態を受けてドクターストップがかかったという。

 

長渕さんは「初のシネマ&ライブ17公演完走したよって笑顔で報告したかった。悔しいさでいっぱいだけど、今はしっかり治して新しい年の初日の舞台あいさつには必ず元気な姿を見せます。劇場であいましょう」と約束した。

上映会には権野監督のほか、飯島直子(51)、山口まゆ(19)、潤浩(8)、広末涼子(39)が出席した。

飯島は「長渕さんが急病ということで来れなかったんですけど、本当に無理をせず元気になって、しっかり治して1月の公開の日にお会いしたいと思います。頑張って下さい」とエール。権野監督も「今日一番残念な悔しい思いをしているのは長渕さん」と話した。

長渕にとっては「英二」以来で20年ぶりの映画主演。企画段階から携わり、不器用でおせっかいだが情には厚い大工の棟梁(とうりょう)を演じた。

権野監督も「今日一番残念な悔しい思いをしているのは長渕さん。みなさんに『太陽の家』を見ていただいて、何か感想みたいなものを、お声を出していただいたり、広めていただいたりすることが、療養されている長渕さんに一番の良薬になる」と来場者に呼びかけた。

緊急入院の絶対安静で広末涼子も心配のコメント

長渕剛さんが23日夜、東京・六本木で予定した主演映画「太陽の家」(権野元監督、来年1月17日公開)のクリスマス上映会を急病のため欠席した。スタッフによると、急性腎盂(じんう)腎炎で今月20日に都内の大学病院に緊急入院。共演者からは容態を気遣う声が相次いだ。

娘役の山口は「長渕さんがちょっと体調を崩されたということで、次また会えるのを楽しみにしておりますので、その時もまた、みなさま温かく劇場に足を運んでいただけたら」と主演者の気持ちを代弁。

 

上映会には権野監督のほか、飯島直子(51)、山口まゆ(19)、潤浩(8)、広末涼子(39)が出席。妻役の飯島は「長渕さんが急病ということで来れなかったんですけど、本当に無理をせず元気になって、しっかり治して1月の公開の日にお会いしたいと思います。頑張って下さい」とエールを送った。

長渕は会場にコメントを寄せ、「ああ、残念で仕方ない。そこへ行きたかった。体は病室を出ることを許されなかったけど、心はみんなと同じ場所にあると思っています。今日は映画館まで来てくれて本当にありがとう。みんなの顔を見たかった。そしてスタッフやキャストのみんなとも会いたかった」と悔しい思いを告白。

 

シングルマザー役の広末涼子は緑色のワンピース姿で登壇すると、「飯島さんから『涼子ちゃん、もみの木みたいになっているよ』って、まさかの、そんなこと言われ。長渕さんいないし、どうしようかな、(壇上の見栄えの)“絵力”弱いよなとか。本当に今日も長渕さんのタオルを(体に)かけられた方、長渕さんみたいな方もたくさんいらっしゃる中、本当に長渕さんがいらっしゃらなくて申し訳ない気持ちでいっぱいだったのに、“もみの木”発言で何だか心が和みました」と話して、重苦しい空気を変えようとした。

さらに広末は「長渕さんがいらっしゃらなくて私たちも残念ですし、みなさまも本当に残念だと思うんですけど、1月の(公開)初日には元気に、一緒に(舞台あいさつ)立ってくれるということなので、それを楽しみに今日は私たちだけで頑張りたい」とあいさつ。

 

長渕は、17日の千葉・幕張公演終了後に腹部への激痛と発熱が始まり、同20日には「極度の痛みと高熱が発生」したため救急車で搬送。医師の診断によると、現在も「絶対安静の状態」が続いている。