芸能

早河洋会長の責任と処分が軽すぎる!桐永洋の被害者女性と徳永有美の今後

文春やFlashにおいて、桐永洋の被害者女性への悪質な行為が明るみになってきました。

 

そんな中で、桐永洋の責任と処分が軽すぎる!と、早河洋会長への追求がされているようですが、早河洋会長はだんまり。。。。

早河洋会長のお気に入りで報ステに抜擢された徳永有美の今後も心配になります・・・今回の騒動の経緯についてまとめてみました!それでは行ってみましょう!

 

早河洋会長の桐永洋への責任と処分が軽すぎる!

桐永洋の責任と処分が軽すぎる!と、早河洋会長への追求がされているようですが、なぜなのでしょうか?

 

早河洋会長は安倍首相の“メシ友”と言われています。

この頃、テレビ朝日では、安倍政権への忖度報道や御用番組がやたら増えていますね!その理由は、権力批判報道への圧力が強待っているためだそうです。

 

その典型が、看板報道番組『報道ステーション』の番組内容の変化にあります。始まりは昨年7月、チーフプロデューサーが早河会長の子飼いである桐永洋に交代したことでした。

 

以来、桐永チーフプロデューサーの方針で、政権批判や権力監視の報道がどんどん少なくなり、代わりに当たり障りのないスポーツニュースがメインになってきましたね。

 

さらに、9月には、ジャーナリスティックな姿勢で視聴者から支持されていた小川彩佳アナを同番組から追放。代わりに、早河洋会長のお気に入りである徳永有美アナをメインキャスターに抜擢しました。

 

この抜擢は謎でしたね!テレ朝を出禁になっている内村さんの嫁を、メインキャスターに抜擢するという行動に、早河洋会長の人事への謎が勃発していました。

テレビ朝日政治部記者によると、「その後、視聴率伸び悩みやメディアからの批判で、政治報道はやや元に戻りましたが、桐永チーフP自体は相変わらず、安倍政権を忖度し、批判報道に圧力をかけまくっていました。参院選の少し前には、現場が自民党の選挙戦略を取り上げようとしたのを潰したということもあった」

 

 

ここで、今回なんと、文春やFlashにおいて、桐永氏のセクハラが発覚したという事件が起きました。

 

「報ステ」の最高責任者の、桐永氏が突如、更迭されるという事態です。テレ朝の安倍忖度の象徴とも言える人物が、です。

 

 

「社員として相応しくない行為があったことにより、就業規則に基づき、社員一人に『謹慎』の懲戒処分を行なった」

8月30日夕方に、このような処分の通達文が、テレビ朝日の社内向けに出したことがきっかけでした。

以前担当していた朝の情報番組「グッド!モーニング」から「報ステ」に連れてきた複数の女性スタッフや、「報ステ」にも出ているアナウンサーにセクハラをはたらいていたようです。

ちなみに、ほとんどの社員は何のことかわからなかったらしいです。

 

なぜかといいますと、その通達は当該社員の名前はおろか、肩書きすらも書かれていなかったためだそうです。

 

桐永洋の被害者女性と徳永有美の今後

桐永洋の事件内容の発覚経緯についてですが、何人かの被害者女性がコンプライアンス室に告発して、処分が発表になったという経緯のようです。

 

セクハラの内容は、性的な言葉を口にしたというレベルでなく、職権を利用した相当に悪質なものらしいと、関係者は述べていました。

 

このような事件が雑誌を通して明るみになったわけですが、

そもそも被害者女性の実名を載せて報道するのは意味不明ですね!!

 

実名を公開する意味が分かりませんし、

その理由があっても、公表された方のその後の人生を考えたら

意味があるのか・・・と疑ってしまいます。

 

早河洋会長と桐永洋チーフPへの責任追及と処分だけでいいじゃないかと思うのですが、

それにしても桐永洋チーフPの処分の軽さに、

どこか闇を感じてしまう今回の報道であります。

 

徳永有美アナの今後はどうなるのでしょうか?

 

肩身が狭い思いをしてしまうのではないかなと思いますが、本当に「やめてくれよ」と思っているでしょうね。