事件

坂田博亮 顔画像や経歴。原因は左折巻き込み。過失責任と賠償割合

坂田博亮の顔画像や経歴は?原因は左折巻き込みのようでした。その過失責任と賠償割合はどのようになるのでしょうか?

神奈川県相模原市で、

大型トレーラーと自転車が接触!

 

自転車の堀田恵子さんが死亡しました。

 

一体何があったのでしょうか?

今回はこちらの事件について調査します!

[ad]

坂田博亮の顔画像や経歴

坂田博亮の顔画像や経歴はどのようなものでしょうか?

プロフィールはこちらです。

プロフィール

名前 :坂田博亮

年齢:65

職業:大型トレーラー運転手

 

現在のところ、

顔画像などの詳しい情報は得られませんでした。

 

新たな情報が得られ次第、

情報更新いたします。

[ad]

坂田博亮容疑者の運転する大型トレーラーと自転車事故で男女2人が死亡

坂田博亮容疑者の運転する大型トレーラーと自転車の衝突事故!堀田恵子さん死亡。

 

午前7時半ごろ、

神奈川県相模原市で、

大型車と自転車が絡んだ事故が起き、

女性が死亡しました。

 

警察は、

トラックの運転手で65歳の坂田博亮容疑者を現行犯逮捕しました。

 

自転車に乗っていた57歳の堀田恵子さんが頭などを強く打ち、

その場で死亡が確認されました。

 

 

 

相模原市南区では大型トラックが工場に入ろうと左折した際、

同じ方向に走っていた自転車を巻き込みました。

 

 

坂田容疑者は「神戸から荷物を運びに来た」と話していて、

警察が事故の詳しい状況を調べています。

 

よくあるパターンの事故ですね。

左折の巻き込み事故。

 

どのような原因で起きてしまうものなのでしょうか?

下記に、左折事故の原因についてまとめました!

[ad]

坂田博亮容疑者 恐怖の左折「巻き込み事故」とは

坂田博亮容疑者の運転する大型トレーラーと自転車の衝突事故!

事故現場はこちらでした。

<神奈川県相模原市>

 

●巻き込み事故とは

巻き込み事故とは、

主に交差点を右左折する自動車が、

交差点を直進しようとした二輪車(バイクや自転車)

と接触した場合の交通事故のことを言います。

 

(交通事故の交渉術参照)

 

自転車と自動車の死亡事故において、

18.2%がこのシチュエーションで起きる交通事故

となっており、左折巻き込み事故とも呼ばれます。

 

安全講習などでも必ず題材として

取り上げられるものでもありますが、

似たようなケースとして

「サンキュー事故」などがあります。

(サンキュー事故:対向右折車 対 自転車)

 

 

この巻き込み事故で問題になるのが、

「加害者と被害者のどちらが悪いのか」

 

という過失割合になります。

坂田博亮容疑者 巻き込み事故の過失責任割合、損害賠償は?

坂田博亮容疑者の責任・損害賠償はどのくらいなのか?

 

「(財)日弁連交通事故相談センター」

から発行されている

交通事故損害額算定基準」を参考にした

過失割合の数値をご紹介します。

 

事故の症例にあったパターンを参照してください。

 

二輪車(自転車)が直進・自動車が左折する場合
事故容態過失割合
二輪車

(自転車)

自動車
直進二輪車(自転車)と
左折自動車
自動車が先行していた場合2080
自動車が後行していた場合1090
直進二輪車と追越し左折自動車1090

 

 

また、以下の場合は修正の対象となります。

・大回り左折や鋭角進入など、誤解を与える曲がり方をした場合。

・二輪車(自転車)が直近に迫っているにもかかわらず、自動車が見落としたり、強引に左折をした場合。

修正要素

修正要素過失修正要素二輪車自動車
単車の著しい前方不注視+10
単車の15km以上の速度違反+10
単車の30km以上の速度違反+20
単車のその他の著しい過失+10
単車のその他の重過失+20
自動車の大回り左折・進入路鋭角+10
自動車の合図遅れ+5
自動車の合図なし+10
自動車の直近左折+10
自動車の徐行なし+10
自動車のその他の著しい過失+10
自動車の重過失+20

 

 

今回の事故の場合、

基本的にこのような過失割合となるでしょう。

 

①自動車が先行していた場合

自転車20%:車80%

②自動車が後行していた場合

自転車10%:車90%

 

(さらに修正によ10〜20%前後する可能性)

 

 

過失割合の基本を決めているのは、

加害者側の保険会社になりますが、

原則的には自動車の方が過失割合は大きなものに

なっていきます。

 

 

正しい過失割合となるよう、

これらを意識するのが良いかと思います。

・現場の写真を残して置く
・状況の記録を取っておく

 

 

・・・・・・・

 

基本的に、

今回のような事故は車の過失が大きいです。

 

上記に数字で示したような

「過失割合」を念頭に、

自動車の運転に臨んでほしいと思います。

過去事故の例で、
もっとよくわかると思います。
以下にまとめます。

坂田博亮 事故のまとめ

・神奈川県相模原市で、大型トレーラーと自転車が接触!坂田博亮容疑者が堀田恵子の自転車をはね死亡

・過失割合は、「自転車20%:車80%」もしくは「自転車10%:車90%」

読んで頂きありがとうございます。