芸能

岡田健史 生い立ち本名や年齢、所属事務所は?【有村架純にキス&ビンタ】

2018年10月から放送予定のTBSドラマ『中学聖日記』。

主演を務める有村架純さんの相手役として、

岡田健史さんが抜擢されるそうです。

 

岡田健史さんは、オーディションを勝ち抜き、今作が俳優デビュー作!

実際に写真を見ても、かなりのイケメンで、

今後が期待できそうな俳優さんです。

それだけに彼の経歴や身長・出身高校など、

プロフィールが気になります。

 

そのことでも世間が大注目しているんだとか…。

また、野球経験者ということらしいのですが、

その実力も気になりますね!

 

本記事で、調査しまとめていきたいと思います。

[ad]

モテ伝説「卒業時の制服ボタンが全部なくなった」↓

岡田健史 ハンサム男前な画像や卒アル写真。モテ伝説「制服ボタン全部無くなった」岡田健史さんのハンサムで男前な画像が話題です! 卒アルの画像は? 今秋、ドラマに抜擢! 2018年10月から放送予定の...

岡田健史さんの生い立ち

岡田健史さんは、

生年月日:1999年5月12日生まれ

本名:水上恒司

出身:福岡県

趣味:筋トレ

中学・高校は、野球一筋だったそうです。

そんな岡田健史さんが、中学1年の頃、福岡でスカウトを受けていたようです。

 

その芸能事務所とは、

女優・桐谷美玲さんが所属している芸能事務所

『スウィートパワー』と同じ系列の

芸能事務所『スパイスパワー』。

 

実は、『スウィートパワー』は、

女優専門の芸能事務所で、

その俳優専門の事務所が『スパイスパワー』ということみたいです…。

 

まぁいずれにしても、

桐谷美玲さんが所属する系列の大手芸能事務所から、

中学1年のときにスカウトを受けたということは、

すごい話です!

すぐさま、ドラマ『中学聖日記』の出演が決定!

それも、有村架純さんが演じるヒロインの相手役。

超異例の抜擢に世間も大注目。

 

かなりの高身長で、モデルのような印象を受けました。

筆者が初めて彼の写真を見て感じた印象ですが、

俳優・福士蒼汰さんに似ているイケメンと言う印象です。

 

それだけ、芸能事務所が惚れ込んだ逸材ということなのでしょう。

ぜひ、今回のドラマが成功に終わり、

俳優として大きく飛躍していってほしいですね。

[ad]

岡田武史と間違われやすい!意外な共通点とは。↓

岡田健史と岡田武史は別人!意外な共通点が!俳優とサッカー監督、2人の経歴「岡田健史」と検索すると「岡田武史」ではないですか? と間違われて検索されるようですが。 当然、全くの別人です!笑 で...

岡田建史さんの身長は?

岡田建史さんの身長も探ってみました。

 

彼の身長は

180cm

あるらしく、モデルとしては高身長というほどではないまでも、一般的に高身長レベルの身長の高さにあると言えます。

ただ、今回の俳優デビューが決まってから、10kg体重を落とし、現在の体重が

57kg

ということで、かなりの高身長に見えるんだとか…。

岡田健史の出身高校や野球の実力は?

岡田健史さんは、中学・高校と野球一筋だったわけですが、

彼が進学した高校とはどこだったのでしょうか?

 

なんでも『野球の名門高校』という話も耳にするだけに、

非常に気になる話ですよね。

 

そこで改めて調べてみたところ、

長崎の創成館高校

ということがわかりました。

甲子園出場も果たす高校

長崎・創成館高校は、過去、甲子園に春3回・夏2回出場経験を持つ高校。

2018年の夏の高校野球(甲子園)にも出場しているので、

名前くらいは聞いたことあるかもしれませんね。

 

ただ残念ながら、全国区では、

日大三高(西東京)や大阪桐蔭(大阪)のように、

甲子園優勝経験があるような強豪校ではありません。

 

岡田建史の野球の実力は?

長崎・創成館高校が、甲子園に出場経験を持つ高校であることに違いはありません。

しかし、岡田健史さん自身、

残念ながら甲子園出場の夢は達成していません。

 

そのことを踏まえても、その実力が、

上地雄輔さん(元横浜高校の野球部員、ポジション・捕手)

のように全国レベルではないのでしょう。

 

 

そして、社会人野球を目指さず、俳優を目指すという時点で、

実力はそこまでだった

ということを物語っています。

ただ、あの高校でキャッチャーを務めていたというのですから、

それなりの実力はあるのでしょう。

 

そもそも、社会人・プロを目指さず、自身の将来を考え、

別の道をたどる人が大多数です。

[ad]

岡田健史 【中学聖日記】の製作発表会見

TBS系火曜ドラマ『中学聖日記』の制作発表会見が6日、

東京・赤坂の同局で行われ、

有村架純、岡田健史、町田啓太、吉田羊、夏川結衣が出席した。

  • 『中学聖日記』制作発表会見に有村架純、岡田健史、町田啓太、吉田羊、夏川結衣が出席

    『中学聖日記』制作発表会見に出席した有村架純(右)と岡田健史

 

同ドラマは、女性向け漫画雑誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)で

連載中のかわかみじゅんこ氏による同名漫画が原作。

 

片田舎の中学校を舞台に、

自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、

赴任先の学校で出会った不思議な魅力を持つ

10歳年下の中学生・黒岩晶に心惹かれていく

女性教師・末永聖の“禁断の純愛”を、儚くも美しく描く。

 

主人公・末永聖を演じる有村はこのように語る

「非常に難しい作品。聖として晶に向かっていく気持ちをどう表現していいのか悩んでいます」と打ち明けつつ、「いろんな葛藤がこの作品を良くすると思っています」とコメント。初の教師役については「教師を演じるとは思っていなかったので不思議な気持ちです。緊張感もありますし、生徒たちの前に立って生徒が一斉に自分を見るというのがものすごく違和感です。逆に堂々としてなきゃって思います」と語った。

 

聖に恋する教え子・黒岩晶役を演じる岡田健史は、

オーディションを勝ち抜き本作で芸能界デビューを飾る新人。

 

公の場に登場するのも、

この会見が初めての岡田はこのようにコメント。

「みなさん初めまして、岡田健史です。本日はお集まりいただき、ありがとうございます。初めての仕事で毎日刺激的な日々を送らせていただいています。会見の場も初めてで緊張していますがどうぞよろしくお願いします」

初々しくあいさつし、会場から温かい拍手が送られた。

 

 

 

  • 『中学聖日記』制作発表会見に有村架純、岡田健史、町田啓太、吉田羊、夏川結衣が出席

 

 

また、岡田は、晶役について

「たくさんの方々のおかげで毎日晶を演じることができることができています。監督に感情の表現の仕方など一から教えていただきました。周りの方々に支えていただきながら、一緒に作らせていただいています」

と説明。

 

「毎日が勉強で刺激的で感謝があふれる日々になっています」

と再び“感謝”という言葉を使うと、会場から笑いが起こった。

 

岡田健史 有村架純とキス・ビンタシーンにコメント

2人はキスシーンもあり、岡田は

「気持ちを整理しながら撮りたいし、歯もいっぱい磨きます」

と緊張ぎみに決意表明。

 

有村は、

「お互い役に対峙(たいじ)しているので、自然の流れでできれば」

と赤面し、ピュアなオーラを放つ“教え子”の隣で照れまくった。

 

 

また、晶が聖をビンタするシーンが予告映像に描かれているが、

岡田はビンタについてこのように告白

「あの有村架純さんを叩いていいのか、晶としてではなく岡田健史の感情が勝ってしまい…」と葛藤を打ち明け、リハーサルから本番さながらにやるように言われるも、監督を見ながらスローモーションに叩くことしかできず、監督から「私を見るな」と怒られた「なんとか有村さんのお力も借りながら撮り終えることができました」

有村は、

「受ける側は待っているだけなので、

岡田さんが一番大変だったかなと思います。

本番はきちんとビンタしていただいたので良かったです」

 

と笑顔で振り返った。

 

 

ほかには、聖と遠距離恋愛中の婚約者、勝太郎役の町田啓太(28)、勝太郎の先輩を演じる吉田羊(年齢非公表)、聖の母親に扮する夏川結衣(50)が登壇。吉田はバイセクシャルの役どころで「狙うのは彼(勝太郎)か彼女(聖)か、乞うご期待」と妖艶にほほえんだ。