芸能

いかりや浩一 経歴と生い立ち。遺産相続といかりや長介の教育「父親は永遠のヒーロー」

いかりや浩一の経歴と生い立ち。

いかりや長介の教育「感謝と謝罪」と、

厄介な相続関係。

とんでもない額の相続額でした!

 

『中山秀征の究極ハウス』の放映につき、

いかりや浩一の”素顔”に迫ります!

[ad]

いかりや長介の「感謝と謝罪」という教育論とは!?↓

http://cafemytime.com/2018/10/07/ikariyatyousuke-kouichi-kosodate/

いかりや浩一さんの経歴や生い立ち

いかりや浩一さんの父親、いかりや長介さんは、

3回結婚されています。

 

最初の妻とは長女(現在54歳)と長男(現在48歳)をもうけ、
1978年に離婚。

 

最初の奥さんは、静岡時代からいかりや長さんを
支えていたホステスだったそうです。

 

 

長男の浩一氏が産まれたのは「8時だヨ ! 全員集合」
が始まった年。

 

段々売れっ子になっていくいかりや長介さんに、
奥さんは自分の存在価値に悩み、
精神的に病んでしまって、
医者の勧めで離婚したそうです。

 

2人目の妻、恵津子さんとは、
1979に結婚し、1989年に死別されています。

 

2番目の奥さんとなる女性は、
いかりや長介さん離婚する前から
「世話をしてくれるお姉さん」として
家に来ていたそうで、

 

浩一さんは薄々「新しいお母さん」になると
感じていたそうです。

 

その2番目の奥さんも病気(膠原病)にかかり、
自殺?と思われる最期を遂げ、
倒れた妻を発見したのはいかりや長介さんだったといいます。

 

最期をみとった3人目の妻の義子さんとは
1993年に結婚式を挙げていますが、

実は入籍していなかったそうです。

 

義子さんも前夫に先立たれての再婚で、
2人の息子がいたので、

『前の家族との縁も大事にしたい』
との理由で、あえて入籍しなかったようです。

いかりや浩一さんの経歴

 

http://www.entatsu.com/lecturer/a_0312.html

 

長男の碇矢浩一さんは、

明治大学卒業後、森永製菓に勤務。

 

在職中の2004年にドリフターズ事務所の

代表取締役社長に就任されています。

 

父・いかりや長介さんの没後に著書
『親父の遺言』(2006年、幻冬舎)を
いかりや浩一名義で出版されています。

 

2008年12月に森永製菓を退職して
ドリフターズ事務所の代表取締役に専任し

『いかりや長介という生き方』(幻冬舎、2008年)を出版。

 

碇矢浩一さんは結婚されており、
2人の息子と2人の娘がおり、6人家族だそうです。

 

いかりや長介さんは、
4人のお孫さんがいるんですね!

[ad]

いかりや長介さんの遺産は?

2004年の3月に亡くなった時の
いかりや長介(享年72)の遺産総額は、
約4億円にも上っていました。

 

この相続をめぐっては、いかりや長介さんの
複雑な家族関係が、厄介な問題を
生じさせていたようです。

 

 

最期をみとった3人目の妻の、
義子さんとは1993年に結婚式を挙げています。

 

しかし入籍していなかったたことが問題。

 

妻が未入籍の場合、法定相続人になれず、
義子さんが遺産をもらうには、
いかりや長介さんの2人の実子の同意が必要に
なるのだそうです。

 

献身的にいかりやを介護してきた義子さんに、
浩一さんや娘さんは当初から遺産を
分け与える気持ちでいましたが、
遺産分与の交渉は難航したようです。

 

というのも、遺産は

 

■目黒区の敷地面積850平方メートル
推定価格6億円の豪邸。資産価値が1億5000万円。

■別荘や賃貸マンションも所有

■余貯金がおよそ3億円

■生前の作品の著作権

■DVD『8時だヨ!全員集合』の印税

■『踊る大捜査線』など出演作品の2次使用料

 

などを多くの遺産があり、
算出するのが困難なのだそうです。

 

 

どの遺産を、どう分けるかの調整が難しく、
決着したのは相続税の申告期限が過ぎた後だったとのこと。

 

一部報道では、
骨肉の争いといわれていましたが、

 

今回こうして「中山秀征の究極ハウス」で
TV放送されていますので、
相続はトラブルなく行われたと想像します。

[ad]

 

いかりや長介から息子へ「おやじは不器用だけど、かっこよかった」

ミュージシャン、コメディアン、そして俳優。

 

多彩な活躍で、人々の記憶に刻まれた、

いかりや長介さんが亡くなって11年。

 

「おやじはものすごく不器用な人だったと思う。
だけど、かっこよかったし、自慢の父親でした」。

 

このように長男の碇矢浩一さんは振り返っています。

 

 

家で過ごすわずかな時間にも時として、

制作現場で見せていた妥協を許さない厳しさが顔を出したという。

マンションからビール瓶を落として遊んだときは

容赦ないげんこつが飛んできた。

 

「悪いことをしたら、
骨身に染みさせるというのがおやじのやり方でした」

 

子供たちを叱るときは、

生きていくうえでの指針を示しました。

 

「『ありがとう』『ごめんなさい』を言える人間になれ」

 

感謝と謝罪を率直に伝えることの難しさと大切さ。

それは、長年グループで活動し、

人間関係の困難を体験してきた実感から

来ていたのかもしれない。

 

こうした教えを守れなかったときは、

特に厳しく叱責された。

 

「でも、怒りっぱなしじゃなかった。
家族といる時間には、全力で家族を
ハッピーにしようとした」

 

一緒に風呂で遊んだり、

6歳上の姉とともに遊園地に行ったり。

 

テレビで見せた“強面(こわもて)”な

イメージとは異なり、

幼い子供たちに自身を「パパ」と呼ばせていたそうです。

いかりや長介の「感謝と謝罪」という教育論とは!?↓

http://cafemytime.com/2018/10/07/ikariyatyousuke-kouichi-kosodate/

いかりや長介さん 碇矢浩一への思い

社会に出る息子には、

「真っ当なサラリーマンとしての人生を歩んでほしい」

と望んだそうです。

やはり、いかりや長介さんが相当苦労されたからでしょうか。

 

碇矢浩一さんはこのように語っています:

 

「今は違うかもしれないが、
おやじの中では『サラリーマン=堅実』という考えがあった。
リスクのない堅実な人生を望んだのは親心だったんでしょう。
子供ができた今は僕にもそれがわかります」。

 

就職活動の際、

父と接点の多い仕事をしたいという思いはあったが、

最終的に入社試験を受けて一般企業に入る道を選びました。

 

人気コメディアンという地位にこだわらず、

一から努力を重ねる父の姿は、

社会に出た息子に、大きな影響を与えていました。

 

「営業先でよく『おまえ、本当にしつこいな』といわれたものです。
でも、僕にとってそれは最高のほめ言葉だった」

 

いかりや長介さんが、

頚部(けいぶ)リンパ節がんを発症したのは15年4月。

亡くなったのは翌年3月でした。

 

浩一さんは父の生きた証しを残すため、

ドリフターズ事務所の代表取締役になりました。

 

 

「誰よりもおやじ自身が悔しかったはず。
だから亡くなったとき『これからは俺が家族を守る』と思った。
どこかで見守っていてくれたらなと思います」

 

このように語り、

次期社長は偉大な父が作った会社と家族を守っていきます。

いかりや長介 碇矢浩一さんへの子育て教育論 まとめ

・いかりや長助の教育論は「感謝」と「謝罪」。「『ありがとう』と『ごめんなさい』を言える人間になれ」

・一から努力を重ねる父の姿は、社会に出た息子や家族に大きな影響を与えている。

読んでいただきありがとうございます。

[ad]