芸能

水高満 チコちゃんの秘密、誕生秘話を激白!声がキム兄の理由やCGの仕組み

水高満チーフ・プロデューサーが語る、

チコちゃんの秘密や誕生秘話!

 

番組コンセプトは?

CGの仕組み、チコちゃんはどうやって撮ってるの?

なぜ5歳なの?

声はなぜキム兄なの?

森田美由紀アナ起用の理由は?

これらの素朴な疑問を答えます!

[ad]

「チコちゃんに叱られる!」はどんな番組?

チコちゃんが問いかける素朴な疑問に答えられないと、

「ボーッと生きてんじゃねえよ!」と叱られてしまうという、

今までにないスタイルの雑学クイズ番組です。

 

スタート以来、視聴者から寄せられたメールや手紙は

1万1000通を超えるなど「調べてほしい疑問」が殺到!

その反響を受け、“拡大版”も放送されました。

 

チコちゃんの声は?

“キム兄”ことお笑いタレントの木村祐一さんが

チコちゃんの声を担当。

何とも憎めない声色のキャラクターを演じています。

 

 

・問われた瞬間に思わず「えっ?」と固まってしまう、

目の付けどころが新しい“素朴な疑問”の数々。

 

・徹底した取材力で丁寧に答えを紹介しているようで、

時としてズレてしまうこともある「おもしろ回答VTR」。

 

4月のレギュラー化以降、

このNHKらしいようでNHKらしくない、

不思議な番組の魅力にハマる人が続出しています。

骨頂であるように感じます。

 

 

また、チコちゃんに負けない

森田美由紀アナの冷静な毒舌も人気に拍車をかけています!

出典:https://www.oricon.co.jp/news/73005/photo/5/

 

起用の理由を水高満チーフプロデューサーによると

 

「おちゃらけたバラエティーのナレーションではなくて、

真面目に淡々と読む、だけど言っていることは変、

という方が面白いというのがあって、

”ザ・NHK”に読んでもらった方が、

その面白さが増すと思い、

森田アナにお願いすることになった」

 

という狙いを語っています。

[ad]

 

チコちゃんの秘密 大公開!!

 

「チコちゃん」誕生のきっかけは。

 

水高氏:

フジテレビのバラエティー黄金期を支え、

現在共同テレビにいらっしゃる小松純也さんと飲む機会があって、

「5歳児の女の子にクイズを出され、

知らないと『ボーッと生きてんじゃねえよ!』と

しかられる番組をやりたい」と(笑)。

おもしろいので一緒にやりましょうと。

 

 

 

チコちゃんの姿形は決まっていたのですか。

 

水高氏:

その時は決まっていませんでした。

モニターの中のCGキャラクターでもいいし、

ロボット、着ぐるみ、人形劇など、

いろいろ考えて今の形になりました。

 

 

 

髪形や服装が昭和っぽいですよね。

 

水高氏:

今の子供たちは大人の顔色うかがう

いい子ちゃんが多いけれど、ひと昔前にいたような、

ちょっとこまっしゃくれたおませな女の子という設定で、

昭和イメージの姿形を考えました。

MCとして「ボーッと生きてんじゃねえよ」という

NHK的でない言葉を吐くので、

顔がアニメみたいに動いた方がかわわいいかなと。

 

 

 

収録の時、チコちゃんはどういう状態なのですか。

水高氏:

マル秘事項なんです(笑)

でも、着ぐるみとCGが融合していることは確かで、

チコちゃんはちゃんとスタジオにいます。

顔ものっぺらぼうではないです。

 

 

表情は何種類くらい作れるのですか。

 

水高氏:

無限です。

NHKアートのCG班が、どこからがCGで、

どこからが着ぐるみか分からないようにしています。

ハリウッド映画がやっているようなことを

ウイークリーでやっているので大変ですが(笑)。

 

チコちゃんプロジェクトのメンバーたちが、

チコちゃんを愛してとんどん作ってくれています。

 

チコちゃんプロジェクトはCG7人で、

1チームの班が6班あります。

 

 

チコちゃんの声を担当しているキム兄(木村祐一)がはまり役ですが、起用意図は。

水高氏:

ギャップの激しい人の方がおもしろいし、

いちばんはアドリブ力ですね。

 

収録の時、岡村隆史さんやゲストの方は

クイズについて何も知らずに入ってくる。

チコちゃんのキャラをまっとうしつつ、

出演者をいなして場を回せるMC力を考えると、

できる人は限られているのかなと。

 

ゲストへのちょっとしたツッコミとか、

我々も「そうきたか」と感心する場面はいっぱいあります。

 

 

 

木村さんは別室でしゃべっているのですか。

水高氏:

そうです。

アドリブに合わせてチコちゃんが動いていて、

神ワザと言われています(笑)

 

木村さんの女の子口調もうまいですよね。5歳のお年頃の、ちょっとこまっしゃくれた感じが。

水高氏:

われわれも意外でした(笑)

キム兄も、ちっちゃい女の子のお子さんいらっしゃいますし。

最初にボイスチェンジャーでリハをやった時にもう面白くて、

いけると。

木村さんは制作者の視点もある人だから

うまくいっているのだと思います。

言われたことをやる俳優さんたったらこうはならない。

 

 

5歳の設定の理由は。

水高氏:

ヘンな言葉覚えて大人をしかったとしても

イラッとこない感じとか、

背伸びしてもかわいい感じは5歳くらいが

ちょうどいいんですよね。

 

3歳だと大人に対等な口をきく感じでもないし、

小学生になってしまうと理屈っぽい。

まだ社会生活や規律に染まっていない

5歳くらいがちょうどいいんです。

 

 

「ボーッと生きてんじゃねえよ」のキメぜりふは企画段階からあったのてすか。

水高氏:

小松さんのアイデアにすでにありました。

5歳の女の子が大人に言って、

いちばん面白い言葉ということで。

 

 

流行語大賞もいけるのでは。

水高氏:

ならないでしょう(笑)

[ad]

まとめ

・水高満チーフ・プロデューサーが語る、チコちゃんの誕生の秘密秘話。

・人気の秘密は、キム兄アドリブ力とCGスタッフの努力の賜物。

読んでいただきありがとうございます。

[ad]