芸能

藤原恭大 筋肉美、写真はこちら!兄の思いを胸に史上初優勝連覇!桐蔭“最強伝説”!

大阪桐蔭、甲子園優勝!

4番 藤原恭大選手が「カキーン」と快音!

 

春夏連覇の桐蔭“最強伝説”を刻み込んだ藤原選手。

見事、優勝を掴み取りました!

藤原選手の激動の野球人生を追います。

 

 

プロフィール

名前:藤原恭大(ふじわら きょうた)

出身地:兵庫県尼崎市

生年月日:2000年5月6日

身長:181㎝

体重:80㎏

投打:左投げ左打ち

ポジション:外野手

経歴:大阪府豊中市立原田小学校→大阪府豊中市立豊中第五中学校→大阪桐蔭高校

趣味:漫画

好きな球団:ソフトバンク

好きな選手:柳田悠岐

 

「筋肉美」が評判の藤原選手

ゲームのキャラクター並みの離れ業を

成し遂げている藤原選手。

 

パワーについても相当自信があるようで、

過去にはインタビューで

「バッティングも腕相撲もパワーには自信がある」

とも答えており、

入部以来並み居る大阪桐蔭の怪力たちにも

腕相撲では負けたことがないようです。

 

SNSでも筋肉好きなファンが、

藤原恭大選手の筋肉を絶賛しています。

肉体美と言える筋肉!

 

藤原選手はワンサイズ小さいユニフォームを

着ているようです。

「ひきしまってカッコよく見えるから」

という理由とのこと。

 

藤原恭大選手は181cm80kgという

がっちりした体型ですが、

細マッチョ的なシルエットと鍛え抜かれた肉体美、

そしてイケメンのルックスで

すでに多くの女性ファンを虜にしています。

 

 

阪神がドラフト1位指名の最有力候補に

挙げるなどプロ大注目の藤原恭大選手は

今日も大活躍でした。

 

 

ロッテ・永野チーフスカウト

「藤原は、前の打席で厳しい内角球にどん詰まりにされた球(記録は内野安打の)を待って、右翼席に運んだ。普通の高校生ではよくて芯を食ってファウルで、それを本塁打にした。プロの投手と打者の対決でやるレベルのことを意地でやっている」

 

ヤクルト・阿部スカウト

「藤原は、前の打席で打ちとられたような球を狙って、一球で仕留めて右翼へ本塁打。能力の高さを再認識した。根尾は、先制点のほしいところで、ムチでも使うようにバットを体の近くで振って本塁打にした。勝負強さをあらためて見せたと思う」

 

 

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・

 

6歳の時に、

兄が野球を始めたのをきっかけに、

自身も野球を始めました。

 

 

小学生の時は「園和北フレンズ」に所属し、

軟式野球をプレイ。

 

また「オリックス・バファローズJr」の

メンバーでもありました。

 

 

中学に上がると、

「牧方ボーイズ」(硬式野球)に所属。

 

牧方ボーイズでは小園選手と1、2番コンビを組み、

全国制覇を達成しました。

 

 

高校では、強豪・大阪桐蔭に進学。

もともとは2つ上の兄・海成のいる

「PL学園」に入学するつもりだったそうです。

 

しかしPL学園が部員募集停止を決定したため、

入学することができませんでした。

 

ちなみに、お兄さんの海成さんは、

PL学園野球部の最後の部員の一人でしたが、

惜しくも甲子園の土を踏めませんでした。

 

 

藤原選手は、兄の悔しさを胸に

「甲子園では打って走って兄の分まで大暴れする」

と誓った今大会でした!

 

 

「4番」で出場し、

PL学園夏の甲子園通算最多本塁打(45本)

を超える本塁打を放つなど、

大暴れした夏でした。

 

 

その名を知らしめた、U18ベースボールワールドカップ

多くの人に藤原恭大の名を知らしめたのは、

2年生ながら選出されたU-18Wカップでしょう。

 

この大会で、

藤原選手はチーム2打率333

活躍を見せ、日本の銅メダル獲得に貢献しています。

 

 

この活躍にはメジャーのスカウトも注目し、

「(背番号)28番が印象に残った」

とコメントしています。

 

またこの大会中、清宮選手に弟子入りしたそうで、

「力を抜いて打つことを教えてもらった」

と話します。

清宮選手からは、

高校通算108本目の本塁打を打った時の

打撃用手袋をもらったそうです。

 

選手としての凄さ

「走・攻・守」3拍子揃った外野手です。

積極的なバッティングが持ち味で、

一発を放つパンチ力もあります。

 

50m5秒7という俊足で、

高校通算20本目となるホームランは、

ランニングホームランでした。

 

外野手として守備範囲も広く、

1年秋に肩を怪我しましたが、

遠投は100mを投げる強肩です。

 

打率4割越え、2本塁打。

 

 

甲子園で、

また、新たな怪物が誕生しました。

プロでも期待です!

まとめ

・大阪桐蔭、甲子園優勝!史上初の春夏2回連覇に活躍、4番 藤原恭大

・鍛え抜かれた肉体美とイケメンのルックスで多くのファンを虜に。プロでも活躍に注目!

読んで頂きありがとうございます。