事件

ベネズエラ デノミで未来予想「衝撃の結末」。5桁デノミで最低賃金35倍アップ!

インフレ対策にベネズエラが5桁デノミ!

新紙幣引き出しに行列、供給が追いついていません。

デノミにあわせ、

最低賃金が約35倍に引き上げられる見通しです。

 

この機会に、投資効果はあるのか?

調査しました。

[ad]

ベネズエラが5ケタデノミ 新紙幣引き出しに行列

20日、

南米のベネズエラ政府は、

通貨単位を5ケタ切り下げる、

デノミ(通貨単位の切り下げ)

の実施に成功したと発表しました。

 

マドゥロ大統領が力を入れるプロジェクトですが、

経済が好転する兆しはみえていません。

さっそく新紙幣の不足が取り沙汰されるなど、

懸念は強い状況です。

 

 

新紙幣引き出しには大行列・・・

新しい紙幣を引き出せるATMは一部に限られています。

 

現地記者いわく、

「引き出せるのは主に

10ボリバルソベラノ(約18円)紙幣だけ」

といいます。

 

 

デノミ実施日の20日を休日とし、

銀行や商店を休業させたうえでデノミを実施しました。

銀行決済などのシステムも止まったため、

全国的に経済活動はほぼ停止状態となりました。

 

ベネズエラは紙幣の印刷を海外に委託していますが、

財政難で十分に調達できていない可能性があります。

デノミにあわせ、

最低賃金を約35倍に引き上げると決めたため、

インフレが加速し、

再び紙幣が不足する可能性があります。

 

 

マドゥロ氏が世界初と主張する

仮想通貨「ペトロ」+ボリバルソベラノ

のペッグ(連動)も効果が不鮮明です。

 

ベネズエラ政府が独自に発行するペトロについて、

米国は制裁の一環として取引を禁じているため、

主要な仮想通貨交換業者は取り扱っていません。

 

ベネズエラの有力経済団体フェデカマラは

20日、新通貨とペトロのペッグを

「深刻な過ち」と非難しています。

[ad]

未来予想、これからどうなる?

IMF(国際通貨基金)西半球部門の

アレハンドロ・ワーナー局長はこう述べています。

「現在のベネズエラの状況は、

ハイパーインフレにより

国内通貨の価値が失われた1930年代のドイツや

2000年代前半のジンバブエに匹敵する」

 

ワーナーはブログで、

ベネズエラの2018年の経済成長率はマイナス18%で、

2019年はさらにマイナス5%になると予測しました。

ワーナーは現在の状況を

「深刻な経済・社会的危機」と評しています。

 

 

 

・経済活動の崩壊

・ハイパーインフレ

・公共財の供給不足

・補助金つきの食料の不足

 

「これらが大規模な国外への移住につながっている。

近隣諸国にも大きな影響を与えるだろう」

と、ワーナーは指摘しています。

 

国というシステムの破綻に

歯止めが利かなくなってきている様子は、

ワーナーの言う通り、

2000年代のジンバブエに似ていると感じます。

一見「んっ!?」

と、ちょっと何いってるのかわから無いような

ことが現実に起こってます。

 

35倍の最低賃金引き上げにより、

ジンバブエのように

再びハイパーインフレに陥る気がしてなりません。

 

暴行・虐殺・拉致などが常態化しているジンバブエ。

ベネズエラの未来もどうなるか。

まとめ

・インフレ対策にベネズエラが5桁デノミ!新紙幣引き出しに行列、供給が追いつかず。

・IMFワーナーは「深刻な経済・社会的危機」とコメント。

読んで頂きありがとうございます。

[ad]