事件

サマータイム 経済効果で給料上がるか!?賛否両論の”時加速”安倍総理プッチ神父化

「サマータイム」

政界に、ニュースにと賑わせているこのワード。

経済効果についても賛否両論です。

 

夏の時間を2時間繰り上げる。

安倍総理、自民党は

”時を加速”させるのか?

ジョジョの奇妙な冒険(第6部) ストーンオーシャン第17巻より




サマータイム賛否両論、賛成派・反対派の主張

夏の時間を2時間繰り上げる「サマータイム」

安倍晋三総理はその導入を検討するよう、

自民党に指示しました。

 

しかし、

サマータイムについては

賛成派、反対派で大きく意見が分かれています。

 

 

●サマータイムの歴史

日本でも、実施されていたことがあります。

・1948年〜1951年にて4シーズン実施。

 

しかし、

寝不足などで社会的に不評であったので、

連合国軍の占領政策の終わりとともに廃止され、

現在に至っています。

 

 

日本の周辺の国々では?

・韓国、中国、台湾で過去にサマータイム採用。

現在では実施されておらず、サマータイムは

定着していません。

 

東南アジアでは、これまでサマータイムは

1度も実施されたことはない状況です。

 

 

あと「2年」しかない中で、

来年2019年の元号改正もあり

システム対応は現実的に難しいと思われますが、

自民党はどういう結論を出すのでしょうか?

 

 

●賛成派

「経済効果と省エネ」

サマータイム賛成派は産業界です。

理由として挙げるのは、

「経済効果」と「省エネ」となります。

 

例えば、サマータイムで余暇時間が増えて、

経済効果が1兆円近いという試算があリます。

 

 

●慎重派

「睡眠不足がもたらす健康被害」

睡眠不足は、様々な健康被害をもたらす

というのはよく知られています。

 

TBSドラマ「JIN-仁-」を医療指導・監修した

前田達浩 医師によると、

「認知症」・「脳卒中」・「キレる」

等の健康被害につながるという見方もあります。

 

・・・・・・・・・・・・

 

「経済効果」 VS  「健康被害」

という構図の中、

両陣の主張が火花を散らしています。

 

 

ただ、就業者個人のレベルで言えば

給料は増えそうですね。

 

終業が早い分、

残業しやすくなってしまうと思います。

 

また、「働き方改革だ!」と

各社残業減らそうとしていますが、

必ず摩擦が起きると思います。

 

(例)

サマータイムで早起き

→仕事終わらなくて残業

→働き方改革しろとギャーギャー言われる。

 

・・・地獄絵図ですね(笑)




経済効果 と 省エネはいかほど!?

●経済効果はいかほど!?

サマータイムで余暇時間が増え、

「経済効果が1兆円」

 

社会経済生産性本部が2002年にまとめた報告書。

こちらの報告が有名ですが、

最近でも民間エコノミストはほぼそれと

同様な試算をしています。

 

経済効果:約1兆2千億(株式会社第一生命経済研究所)

 

 

試算上はプラスでしょう。

しかし、経済的にマイナスになる気がします。

 

そもそも、出勤時間が2時間繰り上がると、

退社時間は15~16時と暑い時間。

 

すると、涼しい車内で残業してしまう

可能性が高いと感じます。

また、普段から忙しい会社や部署であれば、

早く帰れることは難しいでしょう。

 

さらに、残業にならないとしても、

余暇時間がそのまま増えたら、睡眠時間が減ります。

寝る時間が早くならなければ本末転倒。

 

→結果、

睡眠不足により、労働者の生産性低下

 

 

2016年の非営利研究機関ランド・ヨーロップ

の研究によれば、7時間以内の睡眠で

日本の経済活動はGDP3%の損失であるといいます。

 

サマータイムの推進側の経済効果が1兆円。

これは、GDP0.2%程度の利益です。

 

対して、睡眠不足が招くGDP3%の損失。

 

なんと!

1桁違うほどの大きい損失です。

 

サマータイムのメリット、デメリットを比較すると、

日本では日本人の睡眠不足もあり、

賛成派のいう経済効果の主張は部が悪いようです。

 

 

給料が上がる日が来るとすれば、

睡眠不足がなくなる時。

つまり、日本人が皆、

早寝早起きができるようになった時でしょう。

 

長い年月がかかりそうです。

 

 

●省エネはどうか!?

省エネについては、こちらが注目されています。

夏季における計画停電の影響と空調(エアコン)節電対策の効果(産業技術総合研究所(産総研)公開)

 

これによると、

サマータイムを導入した場合、

東京電力管内の消費電力は4%増加する

と試算されています。

 

「・・・えっ!省エネじゃないじゃん!?」

 

サマータイム導入によって、

業務で使用する電力は減少します。

 

しかし、

それ以上に家庭で使用される電力が増える

推定されているためです。

 

 

先んじて導入した欧米諸国において、

省エネ効果があったのは高緯度国であったため。

夏の日照時間が長いため効果はあるでしょう。

 

しかし、アジアの中低緯度国では

その効果も限定的と言わざるを得ないでしょう。

 

 

二酸化炭素削減効果についても、

サマータイム導入により、

25〜123万トン削減との試算がある。

               (社会経済生産性本部)

 

しかし、余暇時間の過ごし方によっては

逆に二酸化炭素も増えてしまう状況になりかねない

と思います。

 

 

以上のように、

経済効果・省エネという点においては

賛成派のアピールポイントとして苦しそうです。

 

安倍総理が、

メイド・イン・ヘブンを発動させる日は遠そうです。

まとめ

・夏の時間を2時間繰り上げる「サマータイム」賛成派、反対派で賛否両論。

・経済効果は睡眠時間減による生産性低下で反対派優勢か。

読んで頂きありがとうございます。