事件

サマータイム ヨーロッパEU欧米の批判!安倍総理「サマータイムどう?」欧米か!

「サマータイム」

政界に、ニュースにと賑わせているこのワード。

先に導入しているヨーロッパ諸国やアメリカで

批判の声が上がり廃止の可能性も!?

 

夏の時間を2時間繰り上げる。

安倍総理、「欧米かっ!」

とツッコミされず日本にベストな答えを出せるか?




サマータイム賛否両論、賛成派・反対派の主張

夏の時間を2時間繰り上げる「サマータイム」

安倍晋三総理はその導入を検討するよう、

自民党に指示しました。

 

しかし、

サマータイムについては

賛成派、反対派で大きく意見が分かれています。

 

 

●サマータイムこれまで

日本でも、実施されていたことがあります。

・1948年〜1951年にて4シーズン実施。

 

しかし、

寝不足などで社会的に不評であったので、

連合国軍の占領政策の終わりとともに廃止され、

現在に至っています。

 

 

日本の周辺の国々では?

・韓国、中国、台湾で過去にサマータイム採用。

現在では実施されておらず、サマータイムは

定着していません。

 

東南アジアでは、これまでサマータイムは

1度も実施されたことはない状況です。

 

 

あと「2年」しかない中で、

来年2019年の元号改正もあり

システム対応は現実的に難しいと思われますが、

自民党はどういう結論を出すのでしょうか?

 

 

●賛成派

「経済効果と省エネ」

サマータイム賛成派は産業界です。

理由として挙げるのは、

「経済効果」と「省エネ」となります。

 

例えば、サマータイムで余暇時間が増えて、

経済効果が1兆円近いという試算があリます。

 

 

●慎重派

「睡眠不足がもたらす健康被害」

睡眠不足は、様々な健康被害をもたらす

というのはよく知られています。

 

TBSドラマ「JIN-仁-」を医療指導・監修した

前田達浩 医師によると、

「認知症」・「脳卒中」・「キレる」

等の健康被害につながるという見方もあります。

 

また、事故率の上昇も心配されます。

・・・・・・・・・・・・

 

「経済効果」 VS  「健康被害」

という構図の中、

両陣の主張が火花を散らしています。

 

 

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・

 

日本の議論は、

多くは海外の意見をベースに行われます。

 

今日のお昼のニュースでも大々的に

取り上げられていましたが、

賛成派のコメンテイターも、

・・・・

あれあれ〜??

 

ヨーロッパのデータを見ると

反対派に早変わり。

 

「欧米かっ!」

と思わずツッコんでしまいました(笑)

 

 

ちなみに、

サマータイム導入案に対して、

・朝日新聞の世論調査:賛成53%vs反対32%。

・NHKの世論調査:賛成51%vs反対12%

 

実は賛成派が割と多いです。

もしかすると、

「欧米か!」と言うどころか

多くの人がまだ情報を知らない可能性も。。。

 

「日本はこう!」

と言える、答えとは??




サマータイム ヨーロッパ諸国の批判!そのとき日本は!?

2018年2月、

ヨーロッパ議会は、サマータイムが健康に

悪影響を及ぼすことなどを理由に、

廃止の是非を徹底的に評価するよう

求めた特別決議を採択しました。

 

廃止の是非をめぐり、本格的な議論を始めています。

 

 

●フランス

54%がサマータイムに反対。

 

パリ市民(賛成派):

「廃止に反対。今の方が便利。

エネルギー源の太陽に合わせて実施している」

 

パリ市民(廃止派):

「廃止に賛成。切り替わる時、煩わしい。

サマータイムに変わったあと1週間はとても大変。

特に夏は、寝る時間が1時間少なくなる」

 

 

●ドイツ

74%がサマータイムに反対。

ドイツで行われた5万5千人の調査

→わずか1時間のサマータイムでも、体内時計が

同調するには、約3週間もの期間が必要でした。

 

 

●フィンランド

「EUはサマータイムを廃止するべき」とした

7万人以上の署名を集めたことで話題となりました。

 

そもそもサマータイムの存在意義が皆無です。

・夏に一日中明るいままの白夜

・冬には一日中太陽が昇らない極夜があるため。

(→日本とは自然環境が全く違うので、

単に参考にしてはいけないでしょう。)

 

 

さて、

ヨーロッパ諸国では批判の声が多いのですが、

それは参考に留めるとして、

 

改めて、日本は?

サマータイムをするべきなのでしょうか?

 

・・・・・・・

 

個人的な意見としては、

やってみないと分からないと思います。

 

何でもそうですが、

想像の中だけでは頭でっかちになるだけで、

結局のところ何もわかりません。

 

例えば、

ヨーロッパのデータを参考に

健康被害が出ないであろう期間で試したり、

最初は繰り上げ時間を短くして試しても

良いかもしれません。

 

 

そもそも2年後という目標期間が短いと

思いますが、この施策は

少しずつ進めていくものだと思います。

まとめ

・夏の時間を2時間繰り上げる「サマータイム」賛成派、反対派で賛否両論。

・ヨーロッパ諸国では批判多く、継続の判断のため本格的に調査。

読んで頂きありがとうございます。