芸能

キムタク熊本地震炊き出しに「世界一カッコ悪い」。娘kokiのブルガリ躍進アピールか?

12日、熊本地震の被災者を支援するために

石原プロモーションが行う炊き出しに、

SMAPの木村拓哉が参加した。

 

自分の意思で動いていないと批判が集中していますが、

今回の復興支援は内心、娘kokiのブルガリ躍進を

アピールしたい意欲があるのではと感じます。

真相は??



キムタク熊本地震炊き出しに「世界一カッコ悪い」

12日、熊本地震の被災者を支援するために

石原プロモーションが行う炊き出しへ、

SMAPの木村拓哉、TOKIOの長瀬智也、

V6の岡田准一が参加しました。

 

ジャニーズ勢による、

熊本地震のボランティア活動としては、

同じSMAPの中居正広と香取慎吾に次ぐもの。

世間の称賛を浴びた中居らに比べ、

今回の木村たちの活動はイマイチの評価となっています。

 

ネット上

・「中居はコソコソ。木村はアピール」

・「自分の意志で動いた中居と香取かっこいい。自分の意志で動けない人は世界で一番カッコ悪い」

・「メリーに段取りしてもらったんだろw」

・「マスコミ連れて石原軍団に便乗とか木村どんだけクソなんだよw」

 

 

正直、復興のため炊き出しに参加している時点で

いいことはしてくれているのかなぁ

と思っていますが、

やはり何かしらの意図を感じてしまいます。

 

<スポーツ紙記者>

「それも致し方ないことだと思います。

中居はいち早く、お忍びで熊本入りして、

多忙の合間をぬってすでに3度も熊本を訪れています。

完全にプライベートで、

文字通りの“ボランティア”です。

一方、石原プロに帯同する形を取った

木村たちですが、これはジャニーズ事務所と

石原プロとの話し合いがあって初めて成立するもの。

つまり、木村たちは所属事務所のお膳立てで

動いているにすぎない。

世間にもそうした裏事情が透けて見えるので、

評価が芳しくないのでしょう」

 

おそらく、

キムタク本人もそのような事務所の裏事情

を理解した上ではあるでしょうが、

 

同日ニュースとなった

もう一つの狙いを感じずにはいられません。

 

 




娘koki,のブルガリ躍進アピールか?

木村拓哉と工藤静香の次女で、

モデルのKoki,がブルガリのアンバサダーに就任しました。

 

両親の威光をバックに今年、

15歳ながら鮮烈なデビューを飾り、

大成功間違いなしと言われています。

 

こちらのニュース、

朝のニュース番組においても

取り上げられられていましたが、

同時に、先ほどのキムタク炊き出しのニュースも

流れておりました。

 

これは偶然でしょうか??

 

 

koki,のブルガリデビューには、実は

冷ややかな目で動向を見ている人もいます。

 

15歳の女の子とハイジュエラーのブルガリは

年齢的にどうしてもマッチしない部分もあり、

今回のアンバサダー就任には違和感を感じる人も。

 

その中の一人が

元SMAPのチーフマネージャーの飯島三智氏です。

 

ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長と

仲が良い工藤静香が木村に意見して、

ジャニーズに残留させたことから、

「静香と飯島氏は犬猿の仲」と言われています。

 

飯島氏は、

Koki,の売り出し方や、

静香のプロデュース方法について聞かれると

「自分とはやり方が違うね」

と言葉少ないながら、否定的な意見を持っています。

 

 

このような否定的意見のリスクヘッジにと、

キムタクは熊本復興炊き出しを良いチャンス

と捉えたのかもしれません。

 

結果、全国的に見ると批判の声が上がりながらも

現地の人にとってみればありがたかったはず。

 

何はともあれ

キムタクが話題に上がることで

koki,の露出の機会も増えていきそうです。

 

まとめ

・熊本地震の被災者を支援するためにキムタク参加。自分の意思でないと批難。

・キムタクの意図はブルガリデビューの娘koki,バックアップか

読んで頂きありがとうございます。