芸能

窪田正孝/月9ラジエーションハウス爬虫類顔に見える理由の演技。五十嵐唯織役

窪田正孝さんは、月9ドラマラジエーションハウスで

主人公・五十嵐唯織を演じています。

 

ドラマを見ていて思ったのですが、

窪田正孝さんって爬虫類顔してませんか!?

 

その理由なんですが、演技を見ていて感じまして・・・

 

爬虫類顔でイケメンじゃないという声も調査してみました!

鼻が変わっててかっこよくないでしょうか?

 

[ad]

窪田正孝が月9ラジエーションハウス爬虫類顔に見える理由の演技。【五十嵐唯織役】

窪田正孝が月9ラジエーションハウス爬虫類顔に見える理由。

【五十嵐唯織役】で思いました!

 

 

まずは、窪田正孝さんのプロフィールを紹介していきます!

 

もともとはガソリンスタンドで働いており、

車の整備士を目指して神奈川県の工業高校に通っていたそうですが、

母親の勧めで現在の所属事務所『スターダストプロモーション』の

オーディションに応募し、芸能界入りしたそうです。

 

スターダストプロモーションには新木優子さんなども所属しています!

窪田正孝かっこよくない
引用:スターダストプロモーション

生年月日 1988年8月6日
出身地 神奈川県
身長 175cm
血液型 B型
事務所 スターダストプロモーション

窪田正孝さんは、

現在30歳で、俳優として活動されています。

 

30歳ということですが、もっと若いと思っていました!

 

映画にも多数出演しており、

  • 「るろうに剣心」
  • 「闇金ウシジマくんPart2」
  • 「予告犯」
  • 「東京喰種トーキョーグール」
  • 「犬猿」

などにも出演しています。

 

 

窪田正孝さんの「鼻が変」や、

「かっこよくない」という声について調査してみましたが、

窪田正孝さんに関しては、

「爬虫類顔でイケメンじゃない」という声も。

 

窪田正孝さん爬虫類顔なのでしょうか?

 

 

そもそも爬虫類顔とは?

 

 

爬虫類顔とは、いったいどんな顔のことを言うのでしょうか?

まずは、爬虫類顔について解説していきます。

 

爬虫類顔の特徴とは?

 

爬虫類顔とは、一般的には”蛇のような顔”と言われています。

そんな爬虫類顔の特徴は、以下の通りです。

  1. 目が離れている
  2. 顔の輪郭が尖っている
  3. 涙袋がない
  4. 吊り目
  5. 口が大きい
  6. 目つきが鋭い

爬虫類顔と呼ばれる顔には、こんな特徴があるようですね。

 

窪田正孝さんに当てはまるのは、

目が離れている」「涙袋がない」「口が大きい」などではないでしょうか?

 

 

窪田正孝さんについて調べていると、「鼻が変」という声が。

窪田正孝さんは、なぜ「鼻が変」と言われているのでしょうか?

 

窪田正孝さんの鼻が変と言われる理由には、

日本テレビのバラエティ「しゃべくり007」に出演したことが原因のようです。

 

 

どうやら、窪田正孝さんは、

人間では考えられないほど鼻が柔らかいそうで、

番組内でも窪田正孝さんの鼻を触ったしゃべくりメンバーから、

「蒸しパンみたい」と言われていました。

 

 

 

窪田正孝の演じる五十嵐唯織役。ラジエーションハウスの戦い

窪田正孝の演じる五十嵐唯織役。

彼が演じるラジエーションハウスの戦いとは!?

 

 

撮影当日は、主演の窪田正孝さんや和久井映見さんの他、

外国人キャストも100名近く来校しました。

 

窪田正孝さん演じる五十嵐唯織(いがらし・いおり)が、

レントゲンやCTから患者の病や怪我の根源を見つけ出すという、

天才放射線技師のお話です。

 

連載中の同名コミックを原作に、窪田正孝さん主演でドラマ化されています。

 

写真には必ず真実が宿ると信じる、

天才放射線技師・五十嵐唯織(いがらし・いおり)を窪田正孝さんが、

プライドが高い放射線科医・甘春杏(あまかす・あん)を本田翼さんが演じます。

 

 

ある総合病院の放射線科“ラジエーションハウス”を舞台に、

患者の病、怪我の根源を見つけ出し、

“視えない病”から命を救う縁の下のヒーロー達の戦いを描きます。

1話では、放射線技師・五十嵐唯織(窪田正孝)が、

一途に思い続ける甘春杏(本田翼)のいる病院へ入職。

唯織は杏との再会に感動しますが、

杏はなぜか唯織のことを全く覚えていませんでした。

唯織と杏は幼馴染で、

互いに放射線技師、放射線科医になることを誓った仲だったのに……。

 

 

 

唯織の秘密を知っているのは、病院内では大森渚院長(和久井映見)ただ一人。

大森が唯織を採用した理由は、彼を以前見たことがあったから。

 

大森が以前にアメリカで病院経営学を学んでいた際に、

アメリカで最も権威のある放射線科医・ピレス教授の講義を受けた時、

教授が出した画像の所見を述べたのが唯織だったのです。

唯織が、甘春総合病院の診療放射線技師の求人に応募してきた時。

放射線科長兼診察部長の鏑木は、

唯織が今まで職場を転々としてきたことを理由に、

履歴書も見ないで落としたのですが、後から大森が唯織を採用しました。

ピレス教授の講義は非常に難問を出すことで有名で、正答に近づくことすら稀。

それなのに唯織は正解して、教授に「エクセレント!」と言わしめました。

その後唯織はピレス教授の誘いを断って、

日本で放射線技師になる意思を告げました。

ピレス教授は「(唯織を研究室に残せなくて)実に惜しい!」と言いました。

ピレス教授ほどの権威にそう言わしめた唯織の能力を裏付けるように、

彼のタブレットには世界中から読影を依頼する画像が集まってきます。