山本昌/イチロー電話音声内容や関係接点・交流のきっかけ「50まで頑張りたい」

芸能

山本昌がイチローへのエールを送っている。

twitterに表明。

 

山本昌とイチローとの間には、

ある電話音声での相談があったそうな。

 

その電話内容や、2人の関係の接点や、

交流のきっかけとは?

 

「50まで頑張りたいんですよ」

 

 

という言葉に重みを感じました・・・

 

さらに、オリックス時代の新井宏昌コーチの言葉も含めて、

今回はコチラについて調査します!

スポンサーリンク

山本昌とイチロー電話音声内容や関係接点・交流のきっかけ「50まで頑張りたい」

山本昌とイチローとの電話音声の内容や、関係接点とは?

交流のきっかけが気になる・・・

 

「50まで頑張りたい」というセリフの真意。

 

 

元中日の山本昌さんが22日、自身のツイッターを更新。

引退を表明したマリナーズのイチロー外野手への思いをつづった。

 

山本昌さんといえば、中日の鉄腕!

昔ながらのおじさんって印象で、

いつも応援していたなぁ。。。

 

 

山本昌さんとイチローの接点について、

山本昌さんはこう語っています。

 

私とイチロー選手の接点はそこまで多くはありませんが、

プロ野球選手としての一番の共通点を挙げれば、

初動負荷のトレーニングを続けていることではないでしょうか。

 

彼もオリックスの若手時代はワールドウィングに通っていました。

 

今はアメリカが拠点なので、

自分でそのトレーニングマシンを購入して続けています。

 

43歳までメジャーリーグでプレーできている大きな要因ではないでしょうか。

 

 

また、山本昌さんは今回ツイートし、こう偉業を讃えている。

「イチロー選手が引退を発表しました。

これまで野球に携わってきて彼ほどの天才は知りません。

少し前に電話で話をした時に50歳までどうしたら出来ますか?と聞かれましたが彼なら簡単にやるだろうと思ってました。

日本野球のレベルを世界示してくれた偉大な選手。

本当にお疲れ様でした。

 

 

イチローが山本昌氏とした電話の内容とはどの様なものだったのだろうか?

山本昌さんこのように語っている。

 

私が去年、現役引退を決断した時に、イチロー選手と電話で話しました。

すると、彼は「50まで頑張りたいんですよ」と言っていました。

その言葉を聞いて、私は迷わず「できるよ」とエールを贈りました。

 

 

 

 

50歳までプレーできた私の経験から察して、

イチロー選手も「野球を続けられることが一番幸せなことなんだ」ということを理解しているのではないでしょうか。

 

やはり、これだけ素晴らしいスポーツに出会えたわけですから、最後の最後までやり通したい。

それが、彼にとって「50歳までプレーする」という目標につながっているんだと思います。

もちろん、そこまでできるだけの自信がなければ言わないでしょうしね。

スポンサーリンク

 

新井宏昌コーチ、イチロー50歳まで現役否定に戸惑い!コーチ時代からの深い付き合い

マリナーズのイチロー外野手(45)が21日、現役を引退するとマリナーズが発表した。

公式ツイッターでイチローは「野球を始めた地でキャリアを終えられた。誇りに思う」などと心境を記した。

新井宏昌コーチはオリックスのコーチ時代から、故仰木彬監督とともにイチローを見守り続けてきた。

オリックスを離れたあとも、オフになればイチローの帰国を待ち、神戸市内での自主トレに足を運んだ。

 

孤高のスーパースターが心情を隠すことなく、助言を求めることができる数少ない野球人だった。

スポンサーリンク

イチローの孤独感の原因理由。

イチローのメジャーでの孤独感に対して、記者の質問へのコメントが秀逸。

孤独感の原因理由とは?

 

思わず保存してしまったほど。

 

 

記者:「様々な球団で孤独感を覚えながらプレーしていたのか」

 

イチロー:「現在それは全く無い。少し違うかもしれないが、メジャーに来て外国人になった事は、(時間を置き)人の心を慮ったり想像したりするようになれた。この体験というのは、実際にしないと生まれない」

 

 

マリナーズをはじめ、

アメリカでの生活は苦労の連続でありつつも、

学びの多い生活であったのだろう。

 

これは心にとめておきたいセリフ。

 

 

 

新井宏昌コーチが心情コメントを述べています。

 

今年のオフも、46歳を迎えるシーズンに向かうイチローの準備を見てきた。

「辞める辞めないなどの話は普段からしませんが、言動や練習の動きを見ていてもそういう感じは全くなかった」と心情コメント。

 

テレビ画面を通して来日後の実戦を見る中で、安打を打てずに戸惑うイチローを見るうち、自身の体を感覚通りに自在に操るイチローならではの才能がうまく機能していないのでは、という思いは抱いた。

 

「そういう自分を彼なら許せないかな、とも思った。それでも、自ら第一線を退くという決断は信じられない思いです」。

 

何度もそう繰り返した。

スポンサーリンク

コメント