芸能

イチロー/孤独感の原因理由。メジャーマリナーズで。アメリカ在住時の言葉に重み

イチロー/孤独感の原因理由。メジャーマリナーズで。アメリカ在住時の言葉に重み

記者会見。イチローのメジャー孤独感コメント言葉が、twitterで称賛を受けている。

 

また、

マリナーズ・イチローの一報に、ソフトバンク新井宏昌2軍打撃コーチ(66)は声を失った。

 

イチローを深く理解する身近な存在でも、その決断に戸惑いを隠せなかった。

 

「50歳まで現役を続けると言い、彼ならそれをやりとげると思っていました。自分から(第一線を退くと)発信することは信じられません」。

[ad]

イチロー/孤独感の原因理由。メジャーマリナーズで。アメリカ在住時の言葉に重み

イチローのメジャーでの孤独感に対して、記者の質問へのコメントが秀逸。

孤独感の原因理由とは?

 

思わず保存してしまったほど。

 

 

記者:「様々な球団で孤独感を覚えながらプレーしていたのか」

 

イチロー:「現在それは全く無い。少し違うかもしれないが、メジャーに来て外国人になった事は、(時間を置き)人の心を慮ったり想像したりするようになれた。この体験というのは、実際にしないと生まれない」

 

 

マリナーズをはじめ、

アメリカでの生活は苦労の連続でありつつも、

学びの多い生活であったのだろう。

 

これは心にとめておきたいセリフ。

[ad]

 

新井宏昌コーチ、イチロー引退に衝撃!心情コメント

新井宏昌コーチがイチロー引退に衝撃を受けています。

心情コメントを述べています。

 

今年のオフも、46歳を迎えるシーズンに向かうイチローの準備を見てきた。

「辞める辞めないなどの話は普段からしませんが、言動や練習の動きを見ていてもそういう感じは全くなかった」と心情コメント。

 

テレビ画面を通して来日後の実戦を見る中で、安打を打てずに戸惑うイチローを見るうち、自身の体を感覚通りに自在に操るイチローならではの才能がうまく機能していないのでは、という思いは抱いた。

 

「そういう自分を彼なら許せないかな、とも思った。それでも、自ら第一線を退くという決断は信じられない思いです」。

 

何度もそう繰り返した。

新井宏昌コーチ、イチロー50歳まで現役否定に戸惑い!コーチ時代からの深い付き合い

マリナーズのイチロー外野手(45)が21日、現役を引退するとマリナーズが発表した。

公式ツイッターでイチローは「野球を始めた地でキャリアを終えられた。誇りに思う」などと心境を記した。

新井宏昌コーチはオリックスのコーチ時代から、故仰木彬監督とともにイチローを見守り続けてきた。

オリックスを離れたあとも、オフになればイチローの帰国を待ち、神戸市内での自主トレに足を運んだ。

孤高のスーパースターが心情を隠すことなく、助言を求めることができる数少ない野球人だった。

[ad]