タンドレス/名物メニューおすすめケーキ!じゃがいものお菓子はスペシャリテ

MY タイム

じゃがいもが甘い時期ですね。

 

この時期になると思い出すのが、タンドレスという京都のお店で見つけたあるお菓子。

 

そのスイーツの名は「じゃがいものお菓子ポンム・ドゥ・テール」

どうやら名物ケーキらしい!

 

そのド直球なインパクトある名前に、

僕は心を惹かれました。

 

他にもきらびやかで魅力的なスイーツがある中、

なんだか食べたくなる気持ちに・・・

 

そんなスペシャリテとの出会いが名店「タンドレス」ではありました。

スポンサーリンク

タンドレスのじゃがいものお菓子:ポンム・ドゥ・テールはおすすめスペシャリテ!

タンドレスで見つけた「じゃがいものお菓子:ポンム・ドゥ・テール」というケーキは、

まがいもなくおすすめスペシャリテにランキングされました。

 

じゃがいもといえば、

冬から春頃は糖分が増す時期ですね。

 

じゃがいも商品を作っていたの僕は、

「じゃがいもを使った画期的なお菓子ってないのか!?」

 

と町中をぶらぶらする日々を送っておりました。

 

ただ、やはりじゃがいものイメージは?と聞くと、

多くの人が「おかずでしょ?」

と答えるように、

 

じゃがいも=おかず!

 

というイメージは強い。

 

そのため、じゃがいもでお菓子をつくろう!

 

というお店や人はあまり見かけませんでした。

(サツマイモならめちゃくちゃあるんですが・・・)

 

そんな風にモヤモヤと考えているとき、

スペシャリテとの出会いが名店「タンドレス」ではありました。

 

それが、「じゃがいものお菓子」

 

 

これが商品名になります!

 

 

スクエア型の長方形で、

数層に重なっている生地。

 

 

僕がこのメニューをオススメする理由は、

そのくち溶けにあり!!!

 

 

すごく、クリーミーに溶けるんです。

本音で言うと、

 

食べる前はボソッとしたふかし芋のような食感なのかな・・・・?

と思っていたんですよね。

 

 

それが、まるでチョコレートのようにくりーみ-!

 

なんでかな??

と聞きますと、

どうやらホワイトチョコレートと合わせているらしい。

 

 

ビックリ!

じゃがいもとチョコレートって合うんだ!!

 

なんて驚いたものです!

 

 

その風味は、

スイーツとカテゴライズされるに全く違和感なく、

それでもってじゃがいもの優しい風味も残っていて・・・

 

ケーキだけど、

少しおかず感もどこか感じられる、

 

摩訶不思議なスイーツなのでした!

スポンサーリンク

じゃがいもが甘いシーズンをご存知ですか?

じゃがいものお菓子に出会い、

数あるケーキの中から即決した理由は、

 

なんといっても

じゃがいも商品の開発に携わっていたからです。

 

 

じゃがいもって奥が深いんですよね~

 

 

冬から春咲きのじゃがいもは糖分が豊富で美味しい。

 

なぜかというと、

その秘密は生産地にあります。

 

一般的にじゃがいも生産地のイメージって北海道だと思うのですが、

最盛期は夏になります!

 

 

じゃがいもは自然物なので、

年中いつもとれるワケではなく、

夏にとれた芋を貯蔵する形になります。

 

その過程で、

甘みが増していくんですよね!!

 

ただし、見た目がエグいですw

芽がぐんぐん伸びてもやしみたいになっているものもあるので。

ひざくらいの高さになることも・・・w

 

 

 

それでも北海道のじゃがいもが時期をすぎてしまうと 、

次は西日本の芋を使いだします。

 

九州地方のじゃがいもなど。

西日本や本土のじゃがいもは、

けっこう甘いです。

 

 

しかし甘みが増すといいかというとそうは言えなくて、

 

揚げ物で焦げやすくなったりします。

あとサイズも小ぶりです。

 

ただ、味としてはうまい。

 

 

だからこの時期は、

じゃがいもを使ったお菓子も美味しい。

 

じゃがいもから、日本の四季による”旬”というのを教えてもらいました。

 

タンドレスの「じゃがいものお菓子」

 

召し上がりに行かれる際は、

ぜひ季節によるじゃがいもの産地も一緒に、

味わっていただけたら面白いかなぁと思います。

スポンサーリンク

コメント