泉房穂/辞職辞任の記者会見。号泣で野々村竜太郎のよう「火つけて」明石

事件

兵庫県明石市の泉房穂市長が

辞職する意向を固めたことが分かりました。

 

国道の拡張工事をめぐって職員に「建物に火をつけてこい」

と暴言を吐いたことで話題です。

 

今回はこちらの事件について調査します!

スポンサーリンク

泉房穂の辞職辞任の記者会見。号泣で野々村竜太郎のよう「火つけてこい」明石市長

泉房穂の辞職辞任の記者会見。

号泣で野々村竜太郎のよう「火つけてこい」!

 

 

会見では、何らかの処分を受けると発言していましたが、

2月1日に辞職する意向を固めたことが関係者の取材で分かりました。

 

 

謝罪会見後、明石市役所には苦情が殺到していました。

泉市長は14時から会見を開き、

正式に辞職を表明するとみられます。

 

 

 

 

明石市の泉房穂(55)市長をめぐりおととし6月のこと。

 

JR明石駅前の国道の拡張工事を巡って、

担当職員に、立ち退き交渉が遅れていた建物に

「火をつけてこい」などと暴言をはき、

1月29日謝罪会見を開きました。

スポンサーリンク

泉房穂の辞職辞任の記者会見。擁護論も。

泉房穂の辞職辞任の記者会見に対し、擁護論も挙がっているようです。

 

 

 

ネットでは、今回の辞職表明について、

「辞職する必要なくない??」

「相手の術中に嵌まってしまったのでは」

「仕事さぼってたクソ職員の思う壺じゃねえか」

「なんか一度の失敗?発言で、騒がすマスコミ。無能な部下が悪いのに」

「行き過ぎた暴言はあかんかったけど、仕事に対する姿勢は好きだけどな。そして潔い」

などという声があがっています。

 

 

「火を付けてこい」という部分だけを繰り返し、

報道する一部メディアには、疑問の声もあがっていたようです。

 

 

 

2月1日の共同通信の報道によると、

 

”泉房穂市長(55)が1日、「一連の騒動の責任を取る」として市議会議長に辞表を提出した

市長は1月29日の会見で「許されないこと」と謝罪したが辞職を否定し、4月の市長選に3選を目指して出馬する方針を示していた”

 

 

とのこと。

 

 

実際どんなやりとりだったのでしょう?

市長「何考えて仕事しとんねん。ごめんですむか、こんなもん。7年間放置して、たった1軒残ってもうて。どうする気やったん」

市長「とにかく今月中に頭下げて説得して判付いてもうてください。あと1軒だけです。

ここは人が死にました。角で女性が死んで、それがきっかけでこの事業は進んでいます。

そんな中でぜひご協力いただきたい、と。

ほんまに何のためにやっとる工事や、安全対策でしょ。

あっこの角で人が巻き込まれて死んだわけでしょ。だから拡幅するんでしょ。

(担当者)2人が行って難しければ、私が行きますけど。私が行って土下座でもしますわ。

市民の安全のためやろ、腹立ってんのわ。

何を仕事してんねん。しんどい仕事やから尊い、相手がややこしいから美しいんですよ。

後回しにしてどないすんねん、一番しんどい仕事からせえよ。

市民の安全のためやないか。

言いたいのはそれや。

そのためにしんどい仕事するんや、役所は」

出典:部下に「辞表出しても許さんぞ」「自分の家売れ」 明石市長の暴言詳報

暴言いけませんよね。

市長、ブチ切れであります。

 

けど、一概に市長が悪いとは言えないのも

わかる気がします。。。

スポンサーリンク

コメント