サマータイム 脳卒中・認知症・事故増なぜ?健康へ賛否両論の時加速、安倍プッチ神父

事件

「サマータイム」

政界に、ニュースにと賑わせているこのワード。

脳卒中・認知症・事故が増えると、

健康被害についても賛否両論です。

 

夏の時間を2時間繰り上げる。

安倍総理、自民党は

”時を加速”させることができるか?

ジョジョの奇妙な冒険(第6部) ストーンオーシャン第17巻より




サマータイム賛否両論、賛成派・反対派の主張

夏の時間を2時間繰り上げる「サマータイム」

安倍晋三総理はその導入を検討するよう、

自民党に指示しました。

 

しかし、

サマータイムについては

賛成派、反対派で大きく意見が分かれています。

 

 

●サマータイムこれまで

日本でも、実施されていたことがあります。

・1948年〜1951年にて4シーズン実施。

 

しかし、

寝不足などで社会的に不評であったので、

連合国軍の占領政策の終わりとともに廃止され、

現在に至っています。

 

 

日本の周辺の国々では?

・韓国、中国、台湾で過去にサマータイム採用。

現在では実施されておらず、サマータイムは

定着していません。

 

東南アジアでは、これまでサマータイムは

1度も実施されたことはない状況です。

 

 

あと「2年」しかない中で、

来年2019年の元号改正もあり

システム対応は現実的に難しいと思われますが、

自民党はどういう結論を出すのでしょうか?

 

 

●賛成派

「経済効果と省エネ」

サマータイム賛成派は産業界です。

理由として挙げるのは、

「経済効果」と「省エネ」となります。

 

例えば、サマータイムで余暇時間が増えて、

経済効果が1兆円近いという試算があリます。

 

 

●慎重派

「睡眠不足がもたらす健康被害」

睡眠不足は、様々な健康被害をもたらす

というのはよく知られています。

 

TBSドラマ「JIN-仁-」を医療指導・監修した

前田達浩 医師によると、

「認知症」・「脳卒中」・「キレる」

等の健康被害につながるという見方もあります。

 

また、事故率の上昇も心配されます。

・・・・・・・・・・・・

 

「経済効果」 VS  「健康被害」

という構図の中、

両陣の主張が火花を散らしています。

 

 

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・

 

ただ、健康被害という点では

いささか疑問もあります。

 

早寝早起きが習慣化すれば、

 

ある意味、

太陽と共に起き、日が沈むと共に眠る

という

「元々の人間らしいの生活」

になれる気もします。

 

近頃、早起き習慣をつけてみて、

恐らく、

一番身体に負担がない形であると感じています。

 

・・・いや、多くの人が夜更かししないと

いけない気持ちもわかります。

(僕も低血圧なので朝は超弱い)

 

ただ、早起きすると1日すごく楽なんですっ!

 

 

習慣化には3の倍数と言いますので、

とりあえず1ヶ月くらいは

ムリヤリ早寝早起きすることにしたら

案外、実感する人多いのではないでしょうか。

 

ただし、世論の流れはそうはいかない様子・・・




健康被害増加!脳卒中増加なぜ?認知症の恐れも。

サマータイム導入において、健康被害への心配が

これでもかというくらい上がっています。

 

なぜ脳卒中認知症につながるのか?

 

そもそも、出勤時間が2時間繰り上がると、

退社時間は暑い時になるので、

残業してしまう可能性もあります。

 

残業にならないとしても、

余暇時間がそのまま増えたら、

早寝する意識がなければ

夜更かしして睡眠時間が減るでしょう。

 

 

日本人の睡眠時間は世界でも最低クラスです。

「経済協力開発機構(OECD)の調査(2014年)」

対象国 :世界29か国

対象年齢:15~64歳

国民平均睡眠時間を調べたところ、

日本人の睡眠時間は、

「7時間43分」

これは、世界29か国中、

韓国に次いで2番目に短い結果でした。

 

また、7時間以内の睡眠の人は

56%にもなっています。

 

 

さて、このような睡眠不足が、

本当に脳卒中や、事故に繋がるのでしょうか?

 

・・・・・・・・

 

調査結果がありました!

2016年フィンランドのトゥルク大学の研究者ら10年分のフィンランド脳卒中症例データを調査

サマータイム中の脳卒中発症率が、

それ以外の期間に比べ25%高いと発表しています。

 

同様の研究結果として、

季節の変わり目の時期に生活サイクルが

急変することで、血管や心臓に負荷がかかる

と指摘するものもありました。

 

 

2013年、カナダ ブリティッシュ・コロンビア州保健局の調査。

影響は病気に限らず、

サマータイム開始・終了の2週間前後は、

交通事故件数が16%増加するとの調査結果。

 

原因は、

「サマータイムによって睡眠時間が減り、

運転中の集中力が低下しているため」

だといいます。

 

 

また、サマータイムの本場とも言える

米国のメイン州議会議員は、

「人命とコストの無駄」と批判しています。

 

メイン州議会のドンナ・ベイリー議員:

(「ロサンゼルス・タイムズ」紙の取材に回答)

おかげでメイン州の住民は睡眠時間を1時間失い、交通事故や職場での事故、心臓発作を経験することができています。このような制度で多くの人命と(時間切り替え対応で発生する)数千万ドルのコストを無駄にすべきではありません」

 

 

このような世論の流れから、

「健康被害」という点で

サマータイムの導入は難航しそうです。

 

 

・・・というかムリそうに思えます。

 

個人的に、

早起きは1日を効率よく生きるのに

とても良いので推奨したいところですが、

 

国民一斉に!ということを

2年という月日で定着させるのは、

生活への適応としても、世論的にしても、

難しそうに思えます。

まとめ

・夏の時間を2時間繰り上げる「サマータイム」賛成派、反対派で賛否両論。

・先んじて導入した国は、睡眠時間減による健康被害と事故率アップ。世論的には厳しい流れ。

読んで頂きありがとうございます。



コメント