朝日工業社(千葉船橋)バス追突事故原因。評判や口コミ、職場環境の評価

事件

「朝日工業社の送迎バスがトラックに追突!」

「17人けが 千葉 船橋で」

 

事件発生は2018年12月28日 10時ごろ。

 

 

 

千葉県船橋市で企業の送迎バスが、

 

停車中の大型トラックに追突し、

 

バスに乗っていた人など合わせて17人がけがをしました。

 

今回はこちらの事件について調査します!

 [ad]

朝日工業社(千葉船橋)バス追突事故原因

朝日工業社の千葉船橋におけるバス追突事故原因は何だったのでしょうか?

 

 

 

東京に本社がある空調設備会社「朝日工業社」が、

 

船橋市のバス会社に委託して走らせていたようです。

 

 

 

多分、この路では??

 

 

 

トラックは、地図を確認するために、

 

車線にはみ出した形で道路脇に止まっていたということです。

 

 

 

 

この事故で、送迎バスに乗っていた16人全員と、

 

トラックの運転手の合わせて17人がけがをして、

 

このうち2人は骨を折るなどの大けがをしているということです。

 

 

朝日工業社の評判や口コミ、職場環境の評価

朝日工業社の評判や口コミ、職場環境の評価についても調査してみました!

 

教育風土などにやや問題がありそうですね。

 

 

残業体制などはどうなんでしょうか?

 

 

新人教育ができていない。
しっかりとした説明がされない為、自身で全て調べて学ぶしかない。
教えてもらわないとできない人には向かないと思います。
しばらくしてできないと他の部署へ飛ばされる人もチラホラ。
育てようという意欲が感じられない

 

建築現場が職場だったので、朝は8時から始業だった。フレックスタイムもしづらい環境だったので、時間の自由度が低いと思う。
【福利厚生の充実度】保養所が各地に多数あり、契約社員でも同じ条件で利用することができる。応募が重なった場合の抽選も身分関係なく公平にしてもらえるのでありがたい。しかし、独身寮や家族寮は正社員しか利用できない為、生活レベルにかなり差がある。

【社員の成長について力を入れている点】よく言うと特定の資格取得で報奨金の制度があるが、それだけ。

通常の業務では教える側のスキル不足で新入社員が全く育たない。
通信教育も合格すれば費用全額会社負担してもらえるが、完全に個人で勉強するしかない。
【新しいことにチャレンジしやすい環境か】新規アイディアがあっても協力者がいない為、自身ですべての資料をそろえる必要があり、仕事の分担もかなわないので業務時間内でそれらのことをすることができない。
課内での仕事量、人員も偏りすぎていて個人の負担が多い。
なかなか、働いている人達の声をすくいあげると、
余りいい評価は見当たらないようですね・・・・
いわゆる、古い会社体質をちょっと引きずっているところもあるかもしれません。
一方で、
若いうちから責任ある仕事を与えてくれる。そのため一つの物件が終わった時の達成感、充実感をしっかりと得られる会社だと思う。また現場代理人に権限を持たせてくれる部分が多いため、自分のやりたいように仕事は出来るが、その反面仕事量は多い。
【社員のモチベーション】どの会社も優秀な社員は優秀でエネルギッシュだと思う。優秀な方ほど協力業者に預けているお金も多い。
このような意見もあり、
会社がどうこう・・・というよりは、
働く人ひとりひとりのモチベーションに依存するのかなと感じます。
よりよく働くためには、
働く環境より、
自分自身を変えた方が速いし確実ってやつですね。
どの会社も似たようなものなのかもしおれません。
読んで頂きありがとうございます。

[ad]

 

コメント