小野里和子/車種メーカーや事故原因理由【本田 (ホンダ)N-WGN】

事件

 

今回は、小野里和子容疑者の乗っていた車種メーカーや、

事故原因について調査します。

スポンサーリンク

小野里和子/車種メーカーは【本田 (ホンダ)N-WGN】

小野里和子/車種メーカーは【本田 (ホンダ)N-WGN】

 

 

事故車の車種やメーカーはなんだったのか?

車の画像写真はこちらです。

 

 

 

 

 

 

事故となった区妻はこちらと思われます。

 

メーカー:本田

車種:N-WGN

価格:109万〜

燃費:29.4~23.0km/L

 

口コミの一例を載せておきます。

 

【インテリア】
国産コンパクトでデミオ以外には勝てるクオリティ。

 

【エンジン性能】
ノンターボですが、街乗りではそこまで不満ない。

 

【エクステリア】
キャストのようなかわいい系でないタイプとしては、

かなり完成されている。

この車の普通車版でコンパクトやミニバンが欲しい。

 

【走行性能】
車重が軽いので、

スピードが出た状態でのドライバリティは良い。

アルファードと3008もあるが、

加速や剛性感を除いて、運転の楽しさに集中すれば、上と言える。

 

【乗り心地】
車高はあるが、

右左折などではLサイズミニバンより揺れないので

フィットより静粛性は良い。

 

【燃費】
流れのよい郊外路で、

踏みたいときは踏んで21-23はいく。

 

エアコンつけると19-20くらい。

なるべくエアコンは使わず冬季は膝掛けも使う。

 

【総評】

軽自動車とはいえ一昔前の国産コンパクトより上質な車。

重い車より運転は楽しい。

維持費と運転の楽しさを両立した車。

 

軽自動車の税制を、

普通車コンパクトセグメントに適用するようにすれば、

事故のときの人命が救われると思います。

(そろそろ国はコストより人命を選んで欲しい)

 

 

N-WGNカスタム、

基本的にはオススメな車のようですね。

 

 

 

 

こちらが事故後の小野里容疑者が運転していた軽自動車と事故現場の写真と周辺の地図になります

 

こちらが今回起きた事故の事故概要になります。

 

 

1日夕方、

 

軽自動車を運転していた近くに住む

小野里和子容疑者(82)=群馬県・太田市=が

過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕されました。

 

小野里容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めています。

 

 

事故内容は、群馬県太田市で自転車に乗っていた

中学2年生・太古海都さん(14)が軽自動と衝突したというもの。

 

 

太古さんは病院に運ばれましたが意識不明の重体です。

 

 

事故現場は、信号のない見通しの悪い十字路。

小野里容疑者の前方不注意が事故原因とみて

警察は調べているようです。

 

 

事故現場も見通しの悪い道ということで、

小野里容疑者も高齢ということで、

どうしても前方不注意になってしまうことはあると思います。

スポンサーリンク

小野里和子容疑者の経歴プロフィールは?

こちらが小野里和子容疑者のプロフィールになります。

名前:小野里和子

年齢:82歳

住所:群馬県太田市

職業:不詳

容疑:過失運転致傷

 

野里容疑者の顔は現在のところ報道されていませんでした。

 

 

また、

こちらが太古海都さんのプロフィールになります。

名前:太古海都

年齢:14歳

住所:不定

職業:中学2年生

 

さて、今回の事故原因はなんだったのでしょうか?

データで詳しく深掘りしていきます!

 

小野里和子 事故の原因 増える高齢者運転事故

高齢者の運転事故には、

高齢化という問題が深く関わります。

対策はいろいろ考えられますが、

一番効くのは「自動運転」でしょう。

 

(1)高齢化の進展

日本では急速に高齢化が進んでいます。

平成28年10月時、

65歳以上の人口は3,459万人となり、

総人口に占める割合(高齢化率)は

27.3%と約4人に1人となっています。

 

 

国立社会保障・人口問題研究所の推計によれば、

今後高齢化率は、総人口が減少する中で

高齢者人口が増加することにより引き続き上昇し、

 

2036年:33.3%と3人に1人となり、

2065年:38.4%に達すると推計されています。

 

(2)高齢の運転免許保有者の増加

平成28年末の運転免許保有者数は約8,221万人。

2015年末に比べ約6万人(0.1%)増加しました。

 

このうち、超高齢者の免許保有者数は

約513万人。

2015年末に比べ約35万人(7.3%)増加し、

今後も増加すると推計されています。

 

(1)高齢者の死亡事故の発生状況

2016年の交通事故死者数は3,904人で、

昭和24年以来67年ぶりに4千人を下回りました。

 

人口10万人当たり死者数は、

高齢者を含め全年齢層で減少傾向にあるものの、

高齢者人口自体が増加しているため、

死者全体のうち高齢者の占める割合は

上昇傾向。

 

2016年は過去最高の54.8%となりました。

 

また、

死者数に占める法令違反ありの死者数の割合は

それぞれ以下のような割合です。

・高齢者の歩行中死者:約60%

・高齢者の自転車乗用中死者:約80%

高齢者自身の法令違反が、

交通死亡事故の一因となっているものと

考えられます。

 

 

(4)高齢運転者による死亡事故の特徴

・超高齢者の運転者の死亡事故件数。

若い運転者と比較して、

免許人口10万人当たりの件数が

2倍以上多く発生しています。

 

高齢運転者の特性については、

一般的に、

 

・視力等が弱まることで周囲の状況に関する
情報を得にくくなり、判断に適切さを欠く

 

・反射神経が鈍くなることによって、
とっさの対応が遅れる。

 

・体力の全体的な衰えから、運転操作が
不的確になったり、長時間にわたる
運転継続が難しくなったりすること

 

・運転が自分本位になり、交通環境を
客観的に把握することが難しくなること

 

などが挙げられています。

 

これらの特性が、超高齢者の運転者が

死亡事故を起こしやすい要因の一つに

なっているものと考えられます。

 

 

・・・・・・・・・

・・・・・・

・・・

 

小野里和子さんも高齢と言えるお年。

 

反射神経が鈍くなることによる、

とっさの対応の遅れにより起きてしまった

事故であるように思います。

 

高齢者の方の車事故が目立つ中、

一方で、高齢者の方々は車がないと

買い物もままならないと思います。

 

・・・だからこそ、

自動運転を早急に!

ほとんどの問題が解決すると思います.

 

他、免許更新期間や条件を見直すなど、

免許についての制度を

今一度改める必要があるように思います。

 

読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメント