岩永良子|一家無理心中か、殺意の動機(理由)。子供障碍者が原因か

事件

岩永良子|一家無理心中か、殺意の動機。子供障碍者が原因か?メッタ刺しの理由は!?

 

島県東広島市でかなりショッキングな事件がありました。

 

長男と次男を刃物で複数回刺し、

死亡させたとして母親の岩永良子容疑者が逮捕されました。

 

 

動機については「子供の将来を悲観して」と供述しているそうですが、

 

 

自分の息子を複数刺すなどむごいことを・・・

確実に殺そうとしたんでしょうか。

 

 

何か強い殺意も感じずにはいられません。

 

一体なぜこのような事件が起こってしまったのでしょう。

今回はコチラの事件について調査します!

スポンサーリンク

岩永良子容疑者は一家無理心中なのか?

岩永良子容疑者は一家無理心中なのか?

岩永良子は一家無理心中だったのか?その動機や理由とは。

今回逮捕された岩永良子は、一家無理心中だったのでしょうか?

はたして、その動機や理由とは?

 

 

動機について、このように語っています。

 

「2人が大人になった時、私のような人生を歩んでほしくなかった」

 

「子供の将来を悲観した」

 

 

これはなんとも身勝手な考え方ですね!

 

確かに、子供の性格などは親は少なからず受けるものなのは

間違いないですが、

 

 

「同じ未来を歩む」

 

なんてことがあるはずありません。

 

 

生きていく時代も、

周りの人間の環境も異なるのですから。

 

 

子供に対する何かしらの憤りがあったのかというと、

そうではないようで。

 

将来を悲観したという事ですが、

近所ではよく子供を遊ばせている姿を目撃されていたようです。

 

 

最初にあった子供の将来を悲観したという供述だけですと、

障害などが頭をよぎります。、

 

 

 

岩永良子容疑者は何か障害を持っていたのでしょうか。

 

「私のような人生を歩んでほしくなかった」

という岩永良子容疑者の言葉がよぎります。

 

 

しかし、仮に障害者だからと言って子どもの未来を奪う理由にはなりません。

 

 

私の家族にダウン症を患った障碍者がいますが、

元気に、一生懸命に毎日仕事をしています。

 

頑張って働いています。

 

大企業などは、障碍者を必ず一定数雇用するよう、

国の働きかけもあります(十分機能しているとは言い難いですが)

 

 

もちろん、周りの親や兄弟などの支援は

とても大変な労力です。

 

 

だからといって、

障碍者というだけで未来を悲観してほしくない

というのが、家族を見ていて正直思うところです。

 

 

 

 

今回の事件は、

腹や背中などを十数か所刺したという事で、かなり強い殺意があったとみられます。

 

育児ノイローゼ、鬱、精神疾患などがあったのかもしれません。

 

しかし、悲観しての殺人なのに、自殺をせずに通報して、

子供が苦しまない方法ではなく多くの刺し傷を与えるというのはひどすぎます。

 

 

本当に悲観しての犯行だったのか・・・

ちょっと疑問が残ります。

 

衝動的な殺意だった可能性も現段階では否定できません。

 

 

 

動機についてはまだこれから追及されていくと思いますので、

新しい事実が分かり次第追記したいと思います。

スポンサーリンク

 

岩永良子一家。家族や夫について

岩永良子一家。家族や夫について経歴を調査しました。

 

プロフィール

名前:岩永良子(いわながりょうこ)

年齢:31歳

職業:主婦(?)

家族構成:夫、妻、子2人の4人暮らし

住所:広島県東広島市高屋町白市

 

現在、顔画像などの報道はありません。

 

 

 

近所に住む方の話では平日に子供を

外で遊ばせていたという事から、

主婦だったのではないかとみられます。

 

岩永容疑者は殺害した2人の息子と夫の4人暮らしで、

事件当時は夫は不在だったそうです。

 

仕事中だったのでしょうか。

 

 

夫はどのような人物だったのでしょうね。

旦那との家族の様子にも、

注目が集まりそうです。

 

 

一家無理心中といえば同様に、

先日に大阪の枚方市で、

父親による痛ましい一家殺人事件がありましたね。

 

母親と娘、そして父親自身が無くなり。

息子だけが助かりました。

 岩永良子と同じ一家心中事件。枚方市で親が子供を・・・

岩永良子と同じ一家心中事件が、少し前に枚方市でも起きていました。

大きくニュースとなり、騒ぎになりましたね。

 

息子は父親の侵入を防ぎ、

助かりました。

 

親が子供を・・・

 

 

一家無理心中事件で亡くなった被害者は以下の3人です。

山本潤さん(48歳)
山本佐和子さん(49歳)
山本莉佐さん(20歳)

 

 

 

 

 

また、無理心中を図ったとされている、

父親のプロフィールはこちらです。

プロフィール

名前 :山本潤(夫)

年齢:48

職業:会社員

住所: 大阪府枚方市片鉾東町

死因:胸に刃物を刺して死亡 

 

母親のプロフィールはこちらです。

プロフィール

名前 :山本佐和子 (妻)

年齢:49

職業:パート

住所: 大阪府枚方市片鉾東町

死因:背中に刃物を刺されて死亡 

 

 

無理心中が原因であれば、

父親はこのような流れで事に及んだと思われます。

・潤さんが佐和子さんを殺害
・2階に上がり莉佐さんを殺害
・姉の悲鳴を聞き息子さんが鍵を閉める
・息子さんの部屋に潤さんが行くが気付かれたため諦める
・潤さんが2階で自害

 

 

1日午前2時40分ごろ、

高校生の長男(16)がこのように通報しました

 

「部屋の外から姉の悲鳴がする!」

 

駆け付けた警察官らが

倒れている3人を見つけました。

 

3人は胸や背中に刺し傷があり、

山本さんは階段踊り場、

佐和子さんは1階の居間、

莉佐さんは2階の自室に倒れていました。

 

 

 

 

長男にけがはなく、

「悲鳴を聞いて部屋に鍵を掛けたが、

誰かが開けようとした。」

「襲われかけた」

などと話しているということです。

 

事実であれば、

息子も殺害しようとしていましたが、

あきらめた形になりますね。

 

 

また、しばらくして外に出たら、

”家族が倒れていた”と話しています。

 

 

家の中で、山本さんの近くに

凶器とみられる血の付いた包丁が

落ちていました。

 

玄関などは施錠されており、

侵入されたような形跡はないといいます。

 

 

同署は山本さんが

無理心中を図った可能性もあるとみています。

 

今のところ、

山本さんの経歴に関しての情報を探しましたが

ほとんど開示されていないようです。

 

 

ただ、人柄に関して近所に住む

40代パート女性の話では、

 

父親はいつも笑顔で元気よく、

優しそうな一面だったといいます。

 

母親も誰にでも話す、

頼りになるような方だったといいます。

「普通の家族。仲よさそうやったけどな。

夫婦で車を洗っていた」

 

車を持っていたみたいですね。

とすると、金銭的には

そんなに困ってはいなかったのではないでしょうか。

 

 

どちらの事件におきましても

亡くなった方々は、ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

コメント