イッテQ 日テレ見解内容報道「誤解を招く発言あった」月間3冠王を逃した焦りか?

芸能

イッテQ 日テレ見解の内容を報道!

「週刊文春 2018年11月15日号」が、

「世界の果てまでイッテQ!」のやらせ疑惑を報じました。

宮川大輔にやらせの真相を文春が直撃取材しています!

 

祭りに出てくる「玉」がなんともヤラセっぽい気がするのですが・・・

 

実はその原因に、「月刊三冠王」を逃すという

視聴率がらみの理由もありそうで・・・

 

宮川大輔(46)の祭男は有名ですが、

「橋祭りinラオス」という企画は、ラオスには存在しないというのです。

スポンサーリンク

イッテQ!日テレ会見の内容

同番組では、お笑いタレント宮川大輔(46)が

ラオスで「橋祭り」に参加した姿が

5月20日に放送されたが、

 

現地では「そんな祭りは存在しない」との

疑問の声が上がっているときょう8日発売の週刊文春が報じている。

 

日本テレビが8日、同局の人気番組「世界の果てまでイッテQ!」

(日曜後8・00)にでっち上げ疑惑が

報じられた件について見解を発表した。

 

 

番組がセットを設置したことなどは

否定した上で番組演出上「誤解を招く表現があった」とした。

 

「橋祭り」として番組で紹介されたのは

全長25メートルの細い板を自転車で

回転する玉をよけながら渡る催し。

 

 

ただ、週刊文春によると、

日本人駐在員や駐日ラオス大使館は

「橋祭り」を「聞いたことがない」という。

 

同誌はコーヒーフェスティバルの片隅で行われた

自転車アクティビティーにすぎないとし、

タイ人スタッフが日本の番組に頼まれて

セットを作ったという話も掲載している。

スポンサーリンク

イッテQ!文春の報道「やらせ」本当か!?

「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない。そもそもこの地域で自転車といえば、外国人観光客がレンタサイクルに乗るぐらい。この『橋祭り』は不自然な点が多すぎる」

問題となっているのは、
こちらの「橋祭りinラオス」という企画ですね。

「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない。そもそもこの地域で自転車といえば、外国人観光客がレンタサイクルに乗るぐらい。この『橋祭り』は不自然な点が多すぎる」

 

下の写真の左端に見えるのが「橋祭り」
(「ラオスコーヒー協会」のfacebookより)

「こうした自転車競技はラオスには存在しない。今回(の「橋祭り」)は日本のテレビが自分達で作ったのではないですか」

 

また同番組の取材申請を許可した

情報文化観光省マスメディア局の担当者も

 

「日本側の働きかけで実現した」

 

と断言しています。

 

「2人の役人が撮影に立ち会いましたが、(「橋祭り」は)ラオスで初めて行われたものです」

 

 

一方、

日本テレビ広報部は「週刊文春」の取材に次のように回答した。

「橋祭りはメコン川流域などでかねてから行われている催しで、地元のテレビ局などでも取り上げられております。今回は現地からの提案を受けて参加したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」

こちらは、現地で配られていたプロデューサーの名刺。

 

直撃に応じた宮川<文春>
番組内で「海外コーディネーション」を担当したと表記のあった会社の代表は7日夕、朝日新聞の取材に応じました。ラオスでの番組の撮影をサポートしたことを認めた上で、

「自転車で水上にかけた橋を渡る祭りは、ラオスでは以前から、村単位などで行われている。全くないものをでっちあげたわけではない」

と説明ししています。

 

障害物として番組に登場した玉については、「テレビで紹介されることになり、祭りを盛り上げ、番組をおもしろくするために、ラオスの美術会社と我々が作ったものだった。撮影前に日本テレビ側にも報告していた」と語っています。

 

 

番組で放送された「橋祭り」は、

ラオスの祭りであり、そこに「イッテQ!」が参加したのか。

 

それとも、日テレサイドの企画した「作られた祭り」だったのか。

スポンサーリンク

 

イッテQ! やらせ疑惑の真相|番組動画「橋祭りinラオス」

前日、練習をして見事成功する宮川大輔

いよいよ本番当日、

「あのボールは当たっても大丈夫、予測していたら大丈夫。あれをおいてからどうなるのか、練習の時は行けたし、自信はありますね」と話していました。

見事、失敗していました。

チャレンジは、失敗に終わるも、18歳の地元の専門学生「ダンサワン」選手が優勝したという話で結末を迎えていました。


これも偽装していたということなのでしょうか。

スポンサーリンク

イッテQヤラセ疑惑の原因は視聴率か!?

イッテQ、やらせ疑惑の原因と真相は一体・・・!?

 

実に58か月、足かけ5年にわたる連続記録が、

ついに途絶えた──。

 

テレビ業界に激震が走ったのは10月の月間視聴率だった。

 

日テレが「月間3冠王」を逃したのでした!

 

3冠王とは、全日(午前6時~午前0時)、プライム(午後7~11時)、ゴールデン(午後7~10時)の全てでトップを取ることを指します。

日テレは「全日」の首位を、テレビ朝日に明け渡した。

 

日テレ局員はこのように語っています:

「朝・昼の屋台骨が揺らいでいるという危機感が表面化した。さっそく、来年4月にかけて情報番組を中心としてテコ入れすることが決まりました」

 

日テレの大久保好男社長(68)は10月29日の定例会見で、

 

「平日の午前午後のベルト番組が苦戦している」

 

 

と言及したが、日テレ内にも緊張が走っています。

元日本テレビプロデューサーの村上和彦氏も言います。

 

「ここでガクッと一気に全ての視聴率が落ちるということはないでしょう。ただ、このまま徐々に下がっていき、2年後に“気が付いたら落ちていた”となるようなイメージを抱きます」

 

このような、視聴率をめぐる背景も、

ヤラセ疑惑を持たれた原因に他ならない。

スポンサーリンク
イッテQ やらせ疑惑の真相(動画、画像アリ)ラオス橋渡り祭りはでっち上げ!?
「週刊文春 2018年11月15日号」が、 「世界の果てまでイッテQ!」のやらせ疑惑を報じました。 宮川大輔(46)の祭男は有名ですが、 「橋祭りinラオス」という企画は、ラオスには存在しないというのです。 ...

コメント