イッテQ やらせ疑惑の真相(動画、画像アリ)ラオス橋渡り祭りはでっち上げ!?

芸能

「週刊文春 2018年11月15日号」が、

「世界の果てまでイッテQ!」のやらせ疑惑を報じました。

 

宮川大輔(46)の祭男は有名ですが、

「橋祭りinラオス」という企画は、ラオスには存在しないというのです。

スポンサーリンク

イッテQ!問題の番組動画

「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない。そもそもこの地域で自転車といえば、外国人観光客がレンタサイクルに乗るぐらい。この『橋祭り』は不自然な点が多すぎる」

問題となっているのは、こちらの「橋祭りinラオス」という企画ですね。

イッテQ! やらせ疑惑の真相|番組動画「橋祭りinラオス」

前日、練習をして見事成功する宮川大輔

いよいよ本番当日、

「あのボールは当たっても大丈夫、予測していたら大丈夫。あれをおいてからどうなるのか、練習の時は行けたし、自信はありますね」と話していました。

見事、失敗していました。

チャレンジは、失敗に終わるも、18歳の地元の専門学生「ダンサワン」選手が優勝したという話で結末を迎えていました。


これも偽装していたということなのでしょうか。

 

イッテQ!文春の報道「やらせ」本当か!?

「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない。そもそもこの地域で自転車といえば、外国人観光客がレンタサイクルに乗るぐらい。この『橋祭り』は不自然な点が多すぎる」

 

下の写真の左端に見えるのが「橋祭り」
(「ラオスコーヒー協会」のfacebookより)

「こうした自転車競技はラオスには存在しない。今回(の「橋祭り」)は日本のテレビが自分達で作ったのではないですか」

 

また同番組の取材申請を許可した

情報文化観光省マスメディア局の担当者も

 

「日本側の働きかけで実現した」

 

と断言しています。

 

「2人の役人が撮影に立ち会いましたが、(「橋祭り」は)ラオスで初めて行われたものです」

 

 

一方、

日本テレビ広報部は「週刊文春」の取材に次のように回答した。

「橋祭りはメコン川流域などでかねてから行われている催しで、地元のテレビ局などでも取り上げられております。今回は現地からの提案を受けて参加したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」

こちらは、現地で配られていたプロデューサーの名刺。

 

直撃に応じた宮川<文春>

 

番組で放送された「橋祭り」は、

ラオスの祭りであり、そこに「イッテQ!」が参加したのか。

 

それとも、日テレサイドの企画した「作られた祭り」だったのか。

 

真相を追求していきます!!

スポンサーリンク
イッテQやらせ原因は視聴率か!。理由に日テレ【月間3冠王】逃す焦りあった
「週刊文春 2018年11月15日号」が、 「世界の果てまでイッテQ!」のやらせ疑惑を報じました。 宮川大輔にやらせの真相を文春が直撃取材しています! 実はその原因に、「月刊三冠王」を逃すという 視聴率がらみ...

コメント