甲斐拓也 甲斐キャノン技術の秘密、方法論!性格も謙虚で人柄に好印象!

芸能

甲斐拓也捕手、39mの距離を性格無比で投げる。

ショートはグラブを動かさず、ドンピシャ!

 

その阻止率は、2位と差をつけ、

4割を超えているそうです。

性格も謙虚で好印象!

 

その脅威の甲斐キャノンの秘密を

徹底調査します!

スポンサーリンク

甲斐拓也捕手 ノムさん、甲斐キャノンを絶賛

「足の運びがいい。スローイングも完璧」

 

サンケイスポーツ専属評論家の野村克也氏(83)は、

3日深夜放送のTBS系「S☆1」にVTR出演。

 

甲斐キャノンと称される甲斐の強肩について、

「ベリーグッド!」と絶賛!!!

 

「強肩はいっぱいいるけど、フットワークとモーション、足の運びがいい。スローイングも完璧」

 

と手放しで褒めていた。

 

 

 

SMBC日本シリーズ第6戦

(広島0-2ソフトバンク、ソフトバンク4勝1敗1分、3日、マツダ)

ソフトバンクがセ・リーグ覇者の広島に快勝。

 

パ・リーグ2位から9度目(前身の南海、ダイエー時代を含む)の日本一に到達した。

 

日本シリーズ新記録となる6連続盗塁阻止を

マークしたソフトバンク・甲斐拓也捕手(25)が

最高殊勲選手に輝いた。

 

甲斐は今シリーズ、

挑まれた6度の盗塁を全て阻止したが、

会心のプレーはこの日の一回でした。

 

1死一塁で外角のチェンジアップを捕球し、

体勢を崩しながらも昨年のセ・リーグ盗塁王の田中を刺した。

 

甲斐拓也捕手 ”甲斐キャノン”技術の秘密

その秘密は、

キャッチングによるものであるようです。

自分の近くに引きつけて、スローイングしているそうです。

 

 

カープ監督も対応できず・・・


また強靭な下半身がそのスピードの根源。

・身長170cm、

・体重80km

 

と割と小柄ながらも、

徹底的に鍛えた結果です。

 

甲斐拓也捕手 謙虚で温厚な性格も絶賛!

「自分ひとりの力ではなかった」

 

と、謙虚な性格も好印象です!

 

ソフトバンクで「カイ」と言えば、

携帯電話のCMに出演していた「お父さん犬」こと

「カイくん」を思い出すファンもいるでしょう。

 

ある球団スタッフは「甲斐も人懐っこい」と話しています。

 

 

「マジメで最後までグラウンドに残って練習するタイプ。ただ、鶴岡(現日本ハム)が在籍していた当時は非常に慕っており、どこに行くにも一緒に行動していた。捕手の技術でも疑問に思うことがあれば、しつこいくらい鶴岡に聞いていた。甲斐は170センチの小柄な体格に加えて、嫌みのない性格。尻尾を振りながら飼い主に愛嬌を振りまく愛犬さながらの姿に鶴岡も甲斐を可愛がり、自身の持っている技術を惜しげもなく伝授していた」

 

 

そんな甲斐の人柄は、他の選手にも愛されている。

 

ある年のシーズン前には、

松田にだまされてひとりだけ、

スーツにネクタイ姿で焼き肉店での決起集会に出席。

 

あまりに場違いな格好は、選手の爆笑を誘った。

 

愛すべきいじられ役でしょうか?

 

 

とはいえ、

ライバル球団の俊足自慢たちにすれば、

甲斐の存在は恐怖そのもの。

 

愛らしいワンコどころか、勇猛果敢、

泥棒よけにピッタリといわれる甲斐犬さながらの

「猛肩」に恐れをなしているに違いないと言われています。
これから、国際戦、

まだまだ甲斐選手の活躍に期待ですね!

 

読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメント