奥野敦士 桜井和寿が憧れをもった理由。【爆報!THEフライデー】半身不随を支えた妻

事件

奥野敦士 桜井和寿が憧れをもった理由。

【爆報!THEフライデー】半身不随を支えた妻の話とは。

奥野敦士 桜井和寿が憧れをもった理由

  • 奥野敦士は群馬県出身のミュージシャン、俳優。1982年にロックバンド「ROGUE」を結成し、単独ライブ「単独行動」では日本武道館に8000人を動員した。
  • 映画『TVO』の主演を務めるなど俳優としても活躍していたが、2008年、不慮の落下事故により頚椎を損傷し、首から下の自由を失った。
  • 現在もなお音楽活動等は続けている。2012年には著書『いろいろあるさ 生きってっからね』と自身の半生を綴った『終わりのない歌』を出版した。
Mr.Children桜井和寿が尊敬してやまないという、「80年代伝説のロックスター」奥野敦士の転落事故の真相を特集。

 

奥野敦士は1985年にメジャーデビューし、人気を博し、ブレイク前だったミスチル桜井も尊敬しているというこの彼は、バンド解散後、どん底に落ち、過酷な肉体労働に勤しんだという。 さらに奥野敦士は仕事先の現場で転落事故にあい、半身不随になってしまった。

障害者となってしまった奥野敦士を支える妻には、ある重大な秘密があり、今夜の爆報フライデーで明かされる予告がされ、いったい奥野敦士の嫁にどんな秘密があるのか?と、ネットでは注目されている。

コメント