庄司智春 解散の原因理由は何?コンビ仲悪化の訳。自虐論で復活【しくじり先生】

芸能

庄司智春が解散の危機であった!?その原因や理由は何?

コンビ仲悪化の訳。

ある一言で人生好転・・・!

 

庄司智春が変わった自虐論の言葉とは?

【10/20日11:15放送「しくじり先生」(テレビ朝日)】

 

 

自己顕示欲が強すぎて全方向から嫌われ…

コンビ仲悪化で解散危機…しかし予期せぬ一言で人生好転!

 

品川庄司・庄司智春が、

これまでの経験を活かした持論を熱弁。

世間からだけではなくスタッフからも嫌われてきた品川。

 

多くの視聴者から賛否が起きています。

今回は品川の人間関係改善のヒントについてまとめます!

スポンサーリンク

庄司智春解散 危機の原因・理由は何?

エゴサーチで西野亮廣がインタビューしています。

「コンビ結成から20年間でどれくらいの期間、

庄司さんが嫌いだったんですか?」

 

このように質問すると、は「17年」と即答。

 

「そもそも3つ歳下なわけ。最初から全然敬語も使わず、

いきなりタメ口だし。そこから始まっているのよ」

 

と嫌いだった理由を明かしています。

 

ラジオでこの2人殴り合っていませんでしたか?」

と不仲だった時代のエピソードに触れると、

庄司は「いや、俺が一方的に殴られていたの」

 

と冗談交じりに話していました。

 

 

庄司はここ数年で、内面がとても変わったようです。

それは、品川が最近口にしている、

「自虐論」の賜物のようです。

スポンサーリンク

庄司智春解散 自虐最強論 自虐こそ最強

「人の自慢話なんて誰も聞きたくない」

 

庄司がたどり着いたのは「自虐最強論」

 

「失敗」や「ウィークポイント」などの

マイナス要素を自虐的に明かすことで、

相手とコミュニケーションをとるといいます。

 

 

「不幸なことが起きたら武器が一個増える」

 

この考え方を根本として、

「悪口を言われた」

「褒められた」

「誰かを注意したい」

「どや顔がウザイ」

 

など悪口を言われれば、

即座に「分かる」と賛同し相手の攻撃を緩ませる。

 

 

「カッコいい」と褒められても調子に乗らず

「一瞬、秒単位」と自虐で返す。

 

 

問題がある相手に

 

「お前、俺と一緒だな」

 

と注意することで、

相手もその場の空気も助ける。

 

自身を貶め生み出される

コミュニケーションの重要性を説いています。

 

●品川庄司解散 自虐最強論 人気者も自虐を使っている

明石家さんまは「離婚や出っ歯」

マツコ・デラックスは「私なんか一生幸せになれない」

有吉弘行は「地獄を見た、立場がすでに自虐」

 

人気者たちが「自虐を使っている」

と庄司は語っています。

 

 

特に、中居正広が司会者として強い点の一つに、

“自虐ネタのうまさ”が挙げられます。

 

「ジャニーズのアイドルなのに歌が苦手」

 

スポーツ観戦と読書以外にとくに趣味もなく、

決して庶民感覚を失わず、ネットも見ない。

 

“国民的アイドル”だからこそ広く浸透した、

確立されたキャラクターを武器に、

・知らないことは「知らない」、

・わからないことは「わからない」と伝える。

 

これにより、

多くの視聴者の共感を得ることができるといいます。

 

 

「金スマ」でのベッキーとの対談で、

この「俺もジタバタした」等発言によって、

自分のことでいっぱいいっぱいだったベッキーもまた、

中居が背負っているものの大きさに想いを馳せていた様子。

 

「やっぱりこの人は信用できる」

と直感したのではないでしょうか。

 

庄司は、

 

「弱点や不幸をみんなの前で明るく話せば克服できる。

自虐はいずれ自信に変わる」

 

と話しています。

スポンサーリンク

庄司智春解散 自虐最強論 賞賛する視聴者も

嫌われ続けて生み出された庄司の

「自虐最強論」に視聴者は賛同。

 

惜しみない賞賛をおくっている。

 

 

 

庄司智春解散 自虐最強論 アンチの声も目立つ

しかし、

否定的な意見も少なくないようです。

全員がもろ手を挙げて賛同しているわけではなく・・・

庄司智春解散 自虐最強論 積極的にネタにされたくない心理

あまり頻繁に自分から、

コンプレックスを笑いのネタにしていると、

周りからこのように思われることがあります。

 

「そのネタでイジっても大丈夫な人」

 

しかし、

コンプレックスについて自分から言うのはOKでも、

他人から言われると傷つく場合が多いです。

 

 

他人からしたら、

 

「あれだけ自分でネタにしていたじゃないか」

 

と思いますし、

自分はコンプレックスをイジる相手に

「デリカシーがない人だ」と思ってしまうような、

すれ違いを生じてしまいます。

 

 

例えば、頭が少々薄い上司が役員から

 

「お前だいぶ薄くなったな」

 

と頭を触られた時に本気で怒っていたので、

 

「あ、これは自分からのみOKな自虐ネタなんだな」

 

とわかりました。

 

自虐ネタは、

自分だけがOKなのかそうじゃないのかは

本人にしかわかりません。

 

さらに、他人が全員自分のコンプレックスを察して

配慮してくれるとは限りません。

 

 

「他人から言われることによって克服する気力が湧く人」

は自虐ネタにしていいと思いますが、

「他人には絶対にネタにされたくない人」の場合、

積極的にネタにするのはやめておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

ネガティブな要素をポジティブにとらえることで、

自虐を「笑い」に変え、周囲を盛り上げる。

 

 

嫌われて仕事を失い、

その経験から仕事を増やした庄司は、

「それを世間が求めているとわかっている」から、

これからも自分を卑下し続けるだろう。

 

 

一見ネガティブな発言に思えるが、

実際はそうではない、

それが庄司の「自虐最強論」

 

 

近い将来、「自虐で再ブレイクした」と

自虐的に笑う庄司の姿が目に浮かぶようです。

 

庄司智春解散 自虐最強論 まとめ

・庄司智春の「自虐最強論」は人間関係改善のヒントが満載。

・自虐最強論で、弱点や不幸をみんなの前で明るく話せば克服できる。自虐はいずれ自信に変わる。

読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメント