沢田研二 張り紙手書きで「契約上の問題」ジュリーは”お客より意地”をとった。代替公演

芸能

沢田研二の公演中止張り紙が話題に。

「ジュリー」はお客ではなく、意地というプライドを取った。

歌い手としての美学を最優先した形です。

 

沢田さんのヒット曲「勝手にしやがれ」と引っかけて、

「勝手にしすぎやぞ」と批判する声も出ている。

 

ネット上では、沢田さんの行為に対して

「みんな納得ができずガッカリ」と落胆する声。

 

今回はこちらの報道について調査しました!

スポンサーリンク

沢田研二(ジュリー) 手書きの張り紙「勝手にしやがれ」改め「勝手にしすぎやぞ」

歌手の沢田研二さんが10月17日、

さいたまスーパーアリーナで予定していた

全国ツアー公演を急きょ中止しました。

 

ネット上では、沢田さんの行為に対して

「みんな納得ができずガッカリ」と落胆する声。

 

沢田さんの公式サイトは18日、告知文を掲載しました。

「契約上の問題が発生した為、

急遽中止させていただくことになりました」

 

17日に開催されるはずだったのは、

70歳を迎えた沢田さんによる全国ツアー

「70 YEARS LIVE 『OLD GUYS ROCK』」の公演。

 

 

開演約30分前の午後4時半にスタッフから中止のアナウンスがあり、

入り口には公演中止を知らせる

手書きの張り紙が掲示されたといいます。

 

楽しみにしていた方々にとってみれば、

非常に残念な結果となりましたね。

 

おそらく往年のファンである

恒例の方々も多くいたのでしょう。

 

さいたまスーパーアリーナまで

苦労してきた方も大勢いたはずです。

ドーム自体は駅から近いとはいえ、

それでも階段のアップダウンの激しいドームです。

 

だからこそ余計に・・・!!

直前でドタキャンをするという行為は

ファンの人々にとっては何とも堪え難いことでは

なかったんではないでしょうか!?

 

 

17日にさいたまスーパーアリーナで開催予定だった

公演を急きょ中止した歌手の沢田研二(70)が

18日、横浜市内で取材に応じました。

 

中止の理由について、事前に所属事務所と

イベンター(チケットを販売し、ライブを制作する会社)から

観客数が9000人と聞いていたが実際は7000人で、

自身が求める満員にほど遠く、

意地として中止を決断したと説明。

 

っていうか、7000人って人数でも、

結構な人ですよ・・・!

 

確かももクロのライブか何かで、

2万人は収容できるキャパのはずですが、

それとしても7000人集められるのは十分すごいと思います。

 

 

ヒット曲「勝手にしやがれ」と引っかけて、

「勝手にしすぎやぞ」と批判する声も出ているようです。

スポンサーリンク

沢田研二(ジュリー) 再公演は?失われた経費の行方

ライブを行うにはチケットの売れ行きにかかわらず、

会場の使用料や警備費などの経費がかかります。

 

 

それは当然ですよね、

舞台公演というのは固定費がかなりかかるものです。

 

1000人キャパの小劇場でさえも、

舞台設備+人件費で何十万もかかったりしました。

(名古屋PARCOの屋上)

僕はお金のない大学サークルで舞台づくりしていたのすが、

サークル費は月1万5千円・・・た、高い!!!!笑

 

・・・・・話を戻して、

 

 

だから興行主は、チケットの売り上げが少ない場合でも、

赤字を減らすために開催に踏み切るのが通例です。

 

アーティストの病気やケガ、天候不良・地震など、

様々に考えられるライブ中止のリスクを避けるため、

興行主は興行保険に入ります。

 

 

ある音楽関係者は

「観客の少なさ」を理由にした中止について

 

「さすがに、保険が下りるとは考えられない」

 

と明かしています。

 

 

 

そりゃそうですよね・・・完全に自己勝手ですもの。

 

 

今回の公演に対して、

すでに支払った経費は

戻ってこない可能性が極めて高いようです。

 

別の音楽関係者は、

「興行主と事務所側である程度、動員予測はできたはず」

と指摘しています。

 

 

沢田研二は、

開演前に会場から帰ったと明かし、

「僕の実力不足。申し訳ございません」と謝罪しています。

 

穴埋めとしては、

代替公演を行う方向で調整していくようです。

沢田研二(ジュリー)の意地とは?一問一答

公演中止についての、

記者との一問一答がありましたので

掲載します。

 

Q:公演中止について。

沢田:「残念です。取り返しのつかない結果になり、心よりおわび申し上げます」

 

Q:沢田さんの意地とは。

沢田:「この世界で51年目。昔は、お客さんが半分でもお客さんが入ったらやってた時期もあった。でも、それはおかしい。やるなら会場をいっぱいにしないとやらない。イベンターと事務所ともっと頑張ってくれよと思う。僕の頑張りがまだ足らんのかな」

 

Q:自分で中止を決めた。

沢田:「最終的には僕の責任ですから。現場では『えぇ?』という声はあったけど、どこかで理解してもらえてる部分もあった。『沢田、またやったか』と」

 

Q:事務所、イベンターに望むことは。

沢田:「(2者は)『ライブをやりたい』が大前提。そこが僕と違う。できそうもない時にいつ結論を出すか。取り返しがつかない範囲が探せばある。前もって開催は無理だとなれば日を改めようという話もできる」

 

「僕の頑張りが足らんかな」

と言葉では自分にも責任があるように述べてますが、

それと「お客様がいるのに公演をやめる決断」とは

全く関係ないと思います。

 

 

意地というものも大事かと思いますが、

 

自分の感情に左右されず、

パフォーマンスを発揮できるのがプロではないでしょうか。

沢田研二(ジュリー) 公演中止事件 まとめ

・沢田研二の公演中止張り紙が話題。「ジュリー」はお金ではなく、プライドを取った。

・今後は代替公演を行う方向で調整していく予定。

読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
沢田研二(ジュリー) 勝手にしすぎやぞ!契約上の問題で公演中止。振替公演の予定
沢田研二(ジュリー)、勝手にしすぎやぞ! 公演ドタキャン騒動を起こした公演中止張り紙が話題に。 沢田さんのヒット曲「勝手にしやがれ」と引っかけて、 「勝手にしすぎやぞ」と批判する声も出ている。 「ジュ...

コメント