橋本マナミ 愛人遅咲きの真実は?朝ドラで色気封印でまんぷく 「朝の女」に

芸能

橋本マナミさんが「夜の女」から「朝の女」に!

10月からの朝ドラまんぷくに、

ヒロイン・今井福子が働くホテルの先輩”保科恵”

という役で参加します!

 

どうしても、

愛人キャラのイメージが濃すぎる、橋本マナミさん。

 

そのキャラを封印できるか見どころですが、

実は、本当に「愛人だった!?」という噂があります。

今回はそちらのウワサを探りました!

スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」 朝から“濃いめ”の配役

安藤サクラがヒロインを務める、

10月スタートのNHK連続テレビ小説「まんぷく」。

 

制作統括の真鍋斎チーフ・プロデューサーが

「朝ドラとしては若干“濃いめ”のキャスティングかな…」

と紹介し、会場が笑いに包まれました。

キャスト発表会見で、

桐谷健太(38)や瀬戸康史(30)、

片岡愛之助(46)、橋本マナミ(33)ら11人を発表。

 

海の声でおなじみ桐谷健太を始め、

一癖二癖もあるメンバー揃い。

朝から濃い、見応えのあるドラマになりそうな予感です。

 


NHK連続テレビ小説「まんぷく」出演者発表会見(大阪市中央区のNHK大阪放送局)

萬平を生涯支える神部という役を、

「人の懐に入るのがうまい人物」と説明しました。

 

また、「愛人にしたい女」というキャッチフレーズを

持つ橋本が演じるのは、福子が憧れる先輩という役どころ。

 

「保科は男性との交際経験のない役。

現実の私のキャラクターとは相反する役です。

“夜の女”から“朝の女”といわれるようにがんばりたい」

と話しています。

 

愛人キャラのイメージが濃すぎる、橋本マナミさん。

そのキャラを封印できるか見どころですが、

実は、本当に「愛人だった!?」という噂があります。

スポンサーリンク

橋本マナミ、本当に愛人だった!?

27日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で、

グラビアアイドルの橋本マナミが、

本当に「愛人」の関係にあった過去があることを告白していました。

 

注目は、

番組のコーナー「私はあの時あれで変わった」のVTR。

 

16歳からグラビアアイドルとして活動するも、

まったく売れなかった橋本を変えたキーワードは

「愛人」であると紹介しています。

 

 

橋本によると、

27歳になったときに清純派からセクシー路線に

転向しようと思ったそうで、

色々なキャッチフレーズを模索していたそうです。

 

「愛人にしたい女」という言葉が出たとき、

橋本は20代前半から

「愛人ぽい」

「オジさんと付き合ってるんでしょ?」

という評価を受けていたことを明かしました。

 

さらに橋本は昔付き合っていた彼氏が、

最近になって妻子がいたことを明かしました。

 

交際当時は離婚をしたと嘘をつかれていたそうで

「だから実は私、愛人だったんですよ」

と衝撃の事実を告白した。

 

この発言にスタジオがざわめくと、

松本人志は「愛人気質やったんやな」

と発言して笑いを誘いました。

 

橋本はこれを

「なろうとは思ってないんですけど結果的にそういうタイプ」

と半ば認めるようなコメントを返していました。

 

橋本マナミ朝ドラ”まんぷく ”出演 まとめ

・橋本マナミさんが10月からの朝ドラまんぷくに、萬平を生涯支える”神部”で参加。「朝の女」に!

「だから実は私、愛人だったんですよ」発言。付き合っていた彼氏に妻子がいた。

読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメント