鈴木豊 オートバイのメーカー名や車種は?鈴木だけに…バイクで分かる性格

事件

鈴木豊さんがオートバイで正面衝突事故!

乗っていたオートバイの社名や、メーカー社名は?

 

選んだバイクのメーカーで、

鈴木豊さんの性格が浮かび上がってきました。

今回はこちらの事故について調査しました。

スポンサーリンク

岡山市でバイクと乗用車が衝突、鈴木豊さん死亡。死亡事故多発警報が出ている中で・・・

28日午後11時ごろ、

岡山市中区門田屋敷本町の国道で、

北から交差点に入ったオートバイが右折しようとしたところ、

南から直進してきた乗用車と衝突しました。

 

交通死亡事故多発全県警報が出ている中の事故でありました。

 

岡山県では交通死亡事故が相次いでいて、

今月21日から交通死亡事故多発全県警報が

発令されいたと言いますが・・・

 

警報が出ているからといって、

個人レベルまで伝わっていなければあまり意味ないのですね。

 

 

28日夜、岡山市の国道で乗用車とオートバイが衝突し、

オートバイに乗っていた岡山市の無職、鈴木豊さん(54)が死亡。

 

道路に投げ出されて頭を強く打ち、

病院に運ばれましたが、およそ2時間後に死亡しました。

 

 

乗用車の男性にけがはありませんでした。

警察は、乗用車を運転していた男性が

前をよく見ていなかったものとみて事故の原因を調べています。

 

鈴木豊さんの乗っていたバイクのメーカーは・・・?メーカーから分かる性格

<亡くなった鈴木さんのバイク>

 

メーカーは「SUZUKI」。

苗字が「鈴木」だけにSUZUKIを選んでいたのでしょうか。

 

 

主観ではありますが、

スズキは、出来る限りコストを下げ、安いバイクを作るのが得意です。

そのため、見た目が若干チープであることがあり、

名前を聞くだけで「安っぽい」と連想する人がいるようです。

 

しかしながら,性能については妥協をしないことが多く、

他のメーカの追従を許さない高性能さを持ちます。

 

スズキは先進的な試みを、デザイン、性能とも積極的に行っており、

各メーカーの中でももっともエンジンパワーを引き出すのが

得意なメーカであると言えます。

 

 

見た目的には、とにかく個性を追求する傾向にあります。

そのため、一般ウケしにくいデザインを平気で出してきたり、

どの層に需要があるかよくわからないモデルを、

堂々とラインナップに加えたりと、

見てるだけでも楽しいメーカーです。

 

そのため、

スズキのバイクは他人と被りにくいという魅力があります。

 

 

つまり、亡くなった鈴木豊さんは非常に

個性を尊ぶ人物であった可能性があります。

 

特徴的な走りを追求する方も多く、

ある意味、

事故を起こしやすかったとも言えるかもしれません。

事故現場の場所はどこ?

現場の岡山市中区門田屋敷本町とはこちらになります。

 

 

googlemapの通り、

非常に大きな交差点であります。

 

路面電車も通っているようですね、

注意深く運転しなければ、事故発生率の非常に高い

道路であったことが予想されます。

スポンサーリンク

路面電車が走る道路の事故率は?

路面電車が走る道路は感覚的にも

車を運転する側にとっては複雑な運転となりそうですが、

事故発生率はどれほどのものなのでしょうか?

 

以下の表は、

列車キロと事故件数とによって事故1件当たりの

列車キロを求めたものです。

 

路面電車の事故で最も多いのは、

道路上の車両や歩行者と、

衝突または接触する道路障害事故となります。

 

事故全体の77.7パーセントを占める56件が発生しており、

解決策としては道路上を走らないようにするしかないと言われています。

 

 

事故1件当たりの列車キロは路面電車が33万2847キロメートルに対し、

新交通システム、モノレールでは事故そのものが起きていません。

 

さらには、JR旅客会社や大手民鉄、地下鉄と比べても

事故が起きる頻度は高いと言えます。

 

 

今回の事故現場も、

とても広い道路であった上に、

「対向車」「歩行者」「路面電車」

と考える要素が多い、複雑な道路と言えます。

 

事故の要因の一つであった可能性は高いでしょう。

まとめ

・岡山市中区門田屋敷本町の国道で、鈴木豊さんがオートバイで直進してきた乗用車と衝突し、死亡。

・事故現場の門田屋敷交差点は路面電車の走る複雑な道路。

読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメント