ニール・エラトロッシュ 手術の成功率と経歴。大谷翔平TJ手術はスーパードクター

芸能

米国医師会で「スーパードクター」に選出されたスーパー名医、

ニール・エラトロッシュ氏。

その手術の成功率は?

 

大谷翔平の靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)に

抜擢されているスーパー名医です。

 

その実力はいかに・・・?

経歴とともに、

今回はこの疑問について調査しました!

スポンサーリンク

ニール・エラトロッシュ氏 大谷翔平TJ手術のスーパードクター

ニール・エラトロッシュ氏は、

2006年から医師会選出の「米国のベストドクター」です。

非常に優秀な方のようであり、

手術の成功にも期待が持たれますね!

 

25日(日本時間26日)、

エンゼルスの大谷翔平投手は、

今季終了後に靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を

受けることが発表されました。

 

発表は、球団からこの日のレンジャーズ戦前に、

大谷が来週中に右肘にメスを入れることが発表されました。

 

大谷は来季、

手術のため投手としての出場がなくなることになります。

本人は「残念な気持ちはある」としつつ、

来季は打者として貢献できるだけに

「むしろプラス」と前向きに話しています。

 

大谷の豪速球には

毎回、ワクワクさせられます。

 

学生時代に書いていた「マンダラチャート」において

「速球170km/hを目指す!」という言葉が

大谷なら実現する気がしており、

その記録を見る日が遠のいてしまうのは少し惜しい気持ちです。

 

ただ、今しっかりと直さなければ

夢半ばで投げられなくなってしまう可能性があるのでしょう。

若いうちに治せばなんとかなる気もします。

 

ニール・エラトロッシュ氏の経歴

球団が発表した執刀医のニール・エラトロッシュ氏は、

ドジャースとNFLラムズのチームドクターも務めています。

 

さらにエンゼルスとNBAロサンゼルス・クリッパーズ、

NHLロサンゼルス・キングスとアナハイム・ダックスで

整形外科のコンサルタントを兼務しています。

 

まさに、球団を股にかけるみんなのお医者さん

となっているような状況です。

 

 

エラトロッシュ氏は、

アメリカスポーツ医学整形外科学会(AOSSM)の

47代目会長に選出されており、米国で圧倒的な評価を受けています。

 

数々のトップアスリートから信頼される名医ですが、

AOSSM公式サイトによると、数々の栄誉にも輝いています。

 

・医師界選出の「米国のベストドクター」2006年から連続で選出

(南カルフォルニアにおける投票で2008年から現在まで「スーパードクター」として選出され続けています。)

・「LAスポーツ界で最もパワフルな50人」(地元紙”ロサンゼルス・デイリーニュース”の企画)

・「MLBで最もパワフルな100人」(USAトゥデー紙)

・「ハリウッド最高のドクター」「ロサンゼルスで最高の整形外科医」(地元メディアハリウッド・レポーターが絶賛)

 

上記のように、メディアからの評価も絶大であります。

 

 

 

さらに球団を超えて活躍!

今季も以下の選手を執刀。

・ホワイトソックスのマイケル・コペック投手

・ジャイアンツのジョニー・クエト投手

・エンゼルスのギャレット・リチャーズ投手

 

 

野球選手以外の執刀も行っており、

NBAオクラホマシティ・サンダーのスーパースター、

”ラッセル・ウェストブルック”もエラトロッシュ氏に

膝の鏡視下手術を受けることになったといいます。

 

数々のトップアスリートから信頼される名医であり、

そんなスポーツ界で絶大な尊敬を集める

スーパードクターの存在は大谷にとっても心強い存在になりそうです!

 

 

一方の大谷は、

手術前を感じさせぬ打者としての大活躍を見せています!

【動画】大谷翔平、勝利に直結する大活躍! バットを3本折る“珍事”も…26日の全打席ハイライト

 

そもそもの問題ですが、

”メジャー移籍→靱帯再建手術”

というこの流れが後を絶たないのはなぜだろうと疑問です。

 

ボールの質、マウンドの硬さの影響でしょうか?

それとも登板間隔?

損傷の判断基準も違うでしょうが、ちょっと多過ぎるので、

今後のためにも根本的な解決が望まれるでしょう。!

 

ともあれ、

バットの快音鳴り響き、

来期、打者のみとなっても大きな活躍に期待できる大谷翔平です!

スポンサーリンク

トミージョン手術の成功率

最初にトミー・ジョンがこの手術を受けた際は、

なんと成功率1%未満とされていました。

しかし時代とともに成功率はどんどん上がっていきます。

 

スポーツ医学専門誌の

“The American Journal of Sports Medicine”が

1986年から2012年までにトミー・ジョン手術を受けた

メジャーリーグベースボール(MLB)傘下の投手を

調査したところ、

 

83%がメジャーに復帰し、

マイナーも含めると97%が実戦復帰を果たしています。

 

成功率向上の要因としては、

手術そのものの技術的進歩があったからではなく、

リハビリテーションの知識と方法の著しい進歩と

改善によるものだとされています。

まとめ

・米国医師会で「スーパードクター」に選出されたスーパー名医、ニール・エラトロッシュ氏が大谷翔平の手術を担当。

ニール・エラトロッシュ氏は数々のトップアスリートから信頼され、メディアからも絶賛される名医。

読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメント