HIS 結婚式場のキャンセル料いつまで可能?HISの対応、顧客怒りの声

芸能

HIS予約結婚式場のキャンセル料、可能日いつまで?

HIS(エイチ・アイ・エス)が企画した、

ハワイにおける結婚式プランをめぐり、

大トラブルが持ち上がっています。

 

「今は、落胆と怒りしかありません」

 

 

売上高6000億円超。

言わずと知れた、海外旅行の取扱額は業界2位を誇る、

大会社の犯した結婚式場キャンセルミスとは?

そもそもHIS予約の結婚式場はキャンセルできる?

今回はこちらの疑問を解消します。

スポンサーリンク

HISが企画したハワイ結婚式プランがキャンセル

「今は、落胆と怒りしかありません」

 

そう語るのは10月に挙式を予定していたA子さん。

 

彼女はHISが企画するハワイ・オアフ島の

結婚式場「ザ・クラウチングライオン」

での挙式プランに申し込み、

8月中に代金百数十万円を払い込んでいました。

 

ザ・クラウチングライオンは、

9月1日に開業予定の新しい式場です。

 

A子さんはハワイの青い海を望む、

同会場での挙式を待ち望んでいました。

 

HISから悲劇のお知らせ

ところが9月4日、HISから耳を疑う知らせが届きました。

 

天候不良による、ザ・クラウチングライオンの施工遅れ。

それによる式場のキャンセル。

 

なぜもっと早く知らせてくれなかったのか、

と抗議するA子さんに対し、HISの担当者は謝罪するのみでした。

 

代金返金のうえ補償金20万円を支払うと説明されたが、

すでに予定を組んでいる親戚、友人たちの都合はどうなるのか……。

 

仮にも超大手のHIS!成約した予約が

ひっくり返るようなことは何があってもいけないと思うのですが。。。

 

 

 

A子さんは途方に暮れていました。

 

・・・・・・・・

 

同プランに申し込んでいた別の男性は、

HISから送られてきた報告の手紙に対して憤っています。

 

「本来であれば、

当社の関与し得ない事由に該当する事案でございますが」

 

などと書かれており、謝罪の言葉もありませんと

怒りの言葉を述べています。

 

 

ザ・クラウチングライオンを運営する

ハワイ企業の代表者は週刊文春の取材に対し、

 

「(工事の進行状況は)弊社はもちろん、

HIS社も常に把握しておりました」

 

とし、遅れの理由はハワイの悪天候の影響だとしています。

 

責任の所在についてもうやむや。

 

ザ・クラウチングライオン社は

「式場の運営が業務となっておりまして、

HIS社がお客様と契約をされており、

販売内容についての責任は全てHIS社にお任せしております」

と説明してかわす様子。

 

いっぽうHISは、

ザ・クラウチングライオンの9月オープンが難しいと

判断したのは8月15日だとし、

施工遅延はあくまで所有者が選定した

建築業者によるものであるが、

 

「お客様の心情を鑑みて、

お見舞金を支払うことといたしました」

と回答しています。

 

キャンセル理由が直接的にHISのせいではなかったようですが、

やはりそこは「言い方」を間違えると

親切も仇となってしまうことでしょう。

 

同社を通じてザ・クラウチングライオンでの

挙式を申し込んだのは260組にのぼるといいます。

 

HISの対応、顧客の怒りの声などは、

9月27日(木)発売の「週刊文春」で詳しく報じられています。

スポンサーリンク

他の結婚式場は大丈夫?キャンセル料はいくら、可能日いつまで?

HISウェディング専門セクションの「Avanti &Oasis」

において、キャンセルの可否を調べてみました。

 

日本と異なり「仮押さえ」の習慣はありません。

ご希望の式場が空いている場合は、1年前から予約できます。(※一部の式場を除く)

また、挙式のご予約は牧師様のご予定をお伺いした上となりますので、

やむを得ない場合以外のキャンセルや変更はご遠慮ください。 <Avanti&Oasis

 

牧師さんの予定も鑑みてか、

どうやらやむを得ない状況でない限り、

一度決まった結婚式場のキャンセルというのは

難しそうです。

 

すでにHISで式場を確保している方々にとっては、

今回のような事故が起こらないことを祈るばかり

という心情ではないかと思います。

(結婚式場がキャンセルなんて、普通思わないですしね)

HIS結婚式場のトラブル まとめ

・HISが企画するハワイ・オアフ島の結婚式場「ザ・クラウチングライオン」施工遅れて結婚式キャンセル

・HISではやむを得ない事情がない限りキャンセルは難しい。

読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメント