佐野慈紀 プライベート豪華すぎ!ハリボテ豪遊私生活。野茂英雄に借金未返済で訴訟

芸能

佐野慈紀(50)借金返済訴訟を懺悔告白!

 

元メジャーリーガーの野茂英雄(50)が、

近鉄バファローズ時代のチームメイト、佐野慈紀に対し

借金の返済訴訟を起こしていたことが、

「週刊文春」の取材で明らかにされました。

 

なぜ借金を返せないのか?

その割にはプライベートが豪華すぎる!

今回はこの謎を調査しました!

スポンサーリンク

佐野慈紀さんの懺悔告白

2003年9月に野茂英雄さんは佐野慈紀さんに対し、

年0.3%の利息で3000万円を貸付けたとされています。

 

返済の起源は10年としていましたが、

10年経過した今になっても佐野慈紀さんは

434万5000円しか返済していないとのこと。

 

それによって、野茂英雄さんが残金の支払いを求めているようです。

 

 

佐野慈紀は文春の直撃取材に応じ、次のように語っています。

 

50分にもわたる懺悔の告白であったようで、
終始歯切れのよくない具合であったようです。

一見このコメントを見ると、

 

「佐野慈紀はお金がなかったのか?」

 

と思いがちですが、
プライベートの私生活を見ると、
どうやらそうでもない様子です。

佐野慈紀 借金を返済できない理由は?

佐野慈紀は現役時代は近鉄バファローズで活躍し、

引退してからもメディア等で活躍されていることもあり、

お金に関しては困るような生活はしていないはずです。

しかしながら、野茂英雄から借りたお金を

返済できない理由というのはいったい何なのでしょうか。

 

佐野慈紀は

2006年からサンスポで野球評論家を務め、

自身が中心となって解説番組をネットで配信。

 

また2012年からBCリーグの

石川ミリオンスターズの取締役に就任しています。

しかし、現在は取締役からは外されているとか。

 

 

また、現在の生活としては、

世田谷区にある家賃約30万円ほどの

高級賃貸マンションに家族4人で暮らしているとのこと。

家賃30万って相当な金額ですよね。

 

夫婦で1人2万円ほどの高級寿司を食べに行っている

との話もあります。

 

しかしながら、

一方で佐野慈紀さんは税金を滞納したり

旧知の新聞記者に借金を申し込んでいたとのこと。

 

どうやら、見せかけを豪華な生活としており、

実際はお金に困るような生活を送っていたということでしょうか。

 

この行動の理由としては、

『困っている様子を周囲に見せたくない』

『家族の前でも見栄を張りたい』という気持ちがあったそうです。

 

 

男としてのプライドなのか、

気持ちはわからなくもないですが。

 

ただ、それでは裕福な生活をしている姿が、

逆に惨めに感じてしまわないでしょうか?

 

借金返済から逃れているだけのように思ってしまいます。

 

今回の取材を機に、

野茂英雄に対して、

しっかり返済の義を通していただきたいものです。

子供もそんな姿を見ていますので。

スポンサーリンク

野茂英雄、佐野慈紀へ裁判をした理由

この借金の問題について、

これまで2回の口頭弁論が開かれているとのことですが、

佐野慈紀さんらは出廷しなかったようですね。

 

約2500万円の返済を求める内容がそのまま判決と決まったようです。

野茂英雄 ©文藝春秋

野茂英雄さんもお金に困っているわけでは無いようですが、
他の方にもお金を貸していて、
今年50歳という節目に貸金を全て整理しようと考えたのだそうです。

 

その後、
佐野慈紀さんが提出した返済計画は15年に及ぶものだったことから、
訴訟に踏み切ったそうです。

                     <文春オンライン

金の切れ目が縁の切れ目とはよく言いますが、
いくら親友と言える中でも、
お金のトラブルだけは避けたいものだということを
物語っている事件です。

 

東京地裁は、9月20日、
野茂英雄の訴えをすべて認める判決を言い渡しました。

まとめ

・佐野慈紀(50)文春で借金返済訴訟を懺悔告白!

・プライベートの豪勢な暮らしはハリボテの可能性。

読んでいただきありがとうございます。

[ad]

コメント