相澤悠太 マシンガンの入手・購入ルートはどこからか。包丁で清野裕彰刺殺

事件

相澤悠太 マシンガンと包丁で向かってきて射殺。

東北交番で、清野裕彰巡査長を刺殺する事態が起きました。

 

凶器の包丁と、マシンガンらしきものとは?

入手・購入ルートはどこからか。

今回はこちらについて調査しました。

スポンサーリンク

相澤悠太 清野裕彰巡査長を刺殺。マシンガン片手に

近隣の人

「すごいけたたましい銃声の音が聞こえた。バンバンバンと3発」

「花火のような音だった。パーンパーンと」

 

 

19日、仙台市宮城野区の交番で警察官が

男に刃物で刺され死亡しました。男は21歳の大学生で、

別の警察官に拳銃で撃たれ、死亡しました。

 

 

警察官を刺殺し死亡したのは、

東北学院大学に通う

宮城野区新田2丁目の相澤悠太容疑者(21)です。

 

相澤容疑者は19日午前4時すぎのこと、

東仙台交番を訪れ、勤務中の清野裕彰巡査長(33)の

胸や腹などを包丁で刺し、殺害した疑いが持たれています。

 

凶器は、

刃渡り20センチメートルの包丁で刺したようです。

 

 

同僚の47歳の巡査部長が争う声に気付き、

部屋に入ったところ、

相澤容疑者が包丁とマシンガンのようなもの

持って向かってきたため、

警告した上で拳銃を3発、発砲し、相澤容疑者は死亡しました。

 

相澤容疑者の同級生

「比較的おとなしめであまり周りと話しているのは

見たことがないような人でした」

 

 

警察によりますと、相澤容疑者が過去、

交番を訪れた記録はなく、清野巡査長とも面識はありませんでした。

 

 

 

 

相澤容疑者はマスク姿でカッターナイフやはさみ、

ドライバーが入ったウエストポーチを身に付けていました。

 

警察は犯行の動機を調べ、

被疑者死亡のまま殺人の疑いで書類送検する方針です。

 

仙台市内の交番で男性警察官が交番を訪れた

大学生の男に刺殺された事件で、

男は警察官を刺した包丁のほかにも、

はさみやカッターナイフなどを持っていたことが

新たにわかりました。

 

警察は、男が計画的に交番を襲撃したとみて

捜査しています。

凶器のマシンガンとは

この言葉が妙に禍々しく映ります。

 

日本では拳銃の所持は、許可が無ければ違法となります。

日本国籍を持っていようがいまいが、

日本に居住していようがいまいが関係ありません。

というわけで日本では一般人はそもそも

拳銃や機関銃を買えないので、

当然一般向けの商店なども存在しません。

どこから手に入れたというのでしょうか。

 

例えば、

ベトナムは比較的最近まで戦争をやっていたので、

当時手に入れた銃を違法に隠し持っている人

というのはいるかもしれません。

 

自ら手に入れたあるいは譲ってもらったのかでしょうか?

ベトナム国内で、という話であればベトナムの法律次第ですが、

日本より規制は緩いようです。

 

 

また、スロバキアでのガンショップの問題もあります。

問題のガンショップ「AFGセキュリティー」では、

店頭販売だけでなく、

真正拳銃や不可動化した銃をオンラインで販売しています。

真正拳銃を購入するには免許が必要で、

ドイツの軍用自動式拳銃ワルサーP38には627ユーロの値が付きます。

 

不可動化した武器では、

旧チェコスロバキア製の短機関銃スコーピオンVz61が170ユーロ、

対戦車弾RPG-7が513ユーロで販売されています。

 

 

欧州テロリスト”武器入手ルート”を追った調査の過程で

「スロバキアには同じようなガンショップが100ぐらいある。

警察にも協力しているのにこんな騒ぎに巻き込まれ、迷惑している」。

と語っています。

 

購入するには免許が必要ですが、

購入者からの購入となると可能性は否定できません。

容疑者の友人関係がとても気になります。

スポンサーリンク

ネットの声

まとめ

・相澤悠太 東北交番で、清野裕彰巡査長を刺殺。マシンガンと包丁で向かってきて射殺される。

・マシンガンの入手ルートは海外もしくは購入資格者からの購入か。

読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメント