事件

豚コレラ 感染経路はイノシシか。群馬県で緊急防疫対策会議。岐阜養豚場

豚コレラの感染経路はイノシシの可能性?

群馬県では、岐阜市の養豚場豚コレラ発生を受けて、

緊急防疫対策会議を開催しました。

 

どこから感染したのか?

食べても大丈夫なの?

今回はこちらについて追います!

[ad]

岐阜市で豚コレラ発生!食べても大丈夫?

岐阜市の養豚場豚コレラの感染が確認されました。

 

岐阜市内の養豚場では、

今月9日に飼育している豚から豚コレラの感染が確認され、

岐阜県が感染の拡大を防ぐため殺処分などの対策を進めています。

10日朝までに、殺処分は終了したようです。

 

 

仮に、

出荷されているものを食べても人体に影響はないのか?

人に感染することはなく、人体に影響はないようです。

 

 

また、一方で、

養豚場の経営者が、

死んだ豚を違法に処理していたことがわかりました。

 

この養豚場では、

豚コレラの疑いで死んだ豚の一部を敷地内の施設で

堆肥にして処理しようとしていたことがわかりました。

 

許可を得ていない場所で豚を堆肥にして

処理することは法律に違反していますが、

県は10日まで違法と認識しておらず、

「誤った認識をしていた」と謝罪しました。

 

 

また、

9月7日にこの養豚場から豚の糞が

堆肥を作る市内のJAの施設に運ばれていたことがわかり、

岐阜県はウイルスが持ち込まれた恐れがあるとして

堆肥を消毒するなどの作業を進めています。

[ad]

群馬で緊急防疫対策会議

この事態を受けて、

群馬県では9月10日に、

関係団体及び県畜産関係所属を招集し、

緊急防疫対策会議を開催しました。

 

これらの検査方法を再考するなど、

対策の方法が検討されています。

 

会議では県の担当者が、

岐阜市での感染の状況を説明したうえで、

野生のイノシシから感染した可能性もあるとして、

豚舎へのイノシシの侵入を防ぐ対策を徹底するよう求めました。

 

 

また、猟友会が、

野生のイノシシを捕獲した際に行っている

豚コレラの検査の回数を増やせないか、

検討する方針も示しました。

 

 

岐阜市での豚コレラの発生を受けて、

農林水産省は豚肉の輸出を停止していて、

群馬県によりますと昨年度192トンに上った

豚足の輸出が停止されているということです。

 

群馬県畜産課の小茂田匡央課長は

「岐阜の詳細な調査を受けて、

今後の対応をさらに検討していきたい」と話しています。

[ad]

ネットの声

まとめ

岐阜市の養豚場豚コレラ発生。

・群馬にて緊急防疫対策会議。感染経路はイノシシか。

読んで頂きありがとうございます。

[ad]

群馬の緊急防疫対策会議について詳しくはこちらのHP参照