福井 自動改札機!今後の導入計画は?駅員”手書きのホワイトボード”が感動!

事件

福井県に自動改札機がやってきた!

9月8日から運用開始!

住民は歓喜の嵐のようです!

 

県民の歓喜に震える声と、

話題になった駅員さんの手書きメッセージについて

追います。

スポンサーリンク

福井県で自動改札機、本日から!

JR西日本は9月8日、福井県の福井と敦賀の両駅で自動改札機の運用を開始した。福井県はJR西日本管内の2府16県で唯一の自動改札機空白県から脱却した。待ちわびた鉄道ファンらが早速、切符を機械に投入して改札を通過していった。慣れないため、切符を取り忘れる姿も見られた。

北陸線県内区間に交通系ICカード「ICOCA(イコカ)」が15日に導入されるのを前に、福井駅には自動改札機6通路を整備。7日の午後10時過ぎからは自動改札機を覆っていたカバーの取り外しが始まり、電源などの確認作業が日をまたいで行われた。運用が開始されたのは始発列車に合わせた8日午前4時半ごろ。切符投入口の下にある通行可などを表示する電光が点灯して、扉が開いた。

 

これまで改札口の中央付近に立っていた改札の駅員は、少し脇から乗客のサポート役として切符の通し方などを説明していた。男性駅員は「お客さまと接する機会は減るかもしれないが、サービスが落ちないよう今まで以上の対応をしていきたい」と話した。

 

県内初の自動改札機の起動を見届けようと、越前市から訪れた少年(14)は「やっとこの日が来た」と興奮した様子で、起動の様子をしっかりビデオカメラに収めた。自動改札機を通して小さな穴のあいた切符を手に「清々しい気分です」と話し、満面の笑みで始発列車に乗った。

東京へ遊びに行くあわら市の会社員男性(25)は「自動改札機がないといつもばかにされるので、都会と同じになって嬉しい。福井も進んだ」と喜んでいた。

 

JR西日本は15日、北陸線の福井県内区間にICカードを導入する。牛ノ谷駅(あわら市)から新疋田駅(敦賀市)までの19駅で利用可能。福井、敦賀の両駅にはICカードのほか紙の切符や磁気定期券に対応する自動改札機を導入。福井と敦賀以外の17駅にはIC専用型の自動改札機を設置した。福井県は福井国体開幕(9月29日)までの導入をJR西日本に求めていた。

スポンサーリンク

手書きのホワイトボード。駅員からの温かいメッセージ

新生活が始まるシーズンに合わせ、福井県福井市のJR福井駅改札口に登場した手書きのホワイトボードが、SNS(会員制投稿サイト)で話題になっている。内容は入学者らへの応援メッセージと今夏のICカード導入のお知らせ。歓迎の声が上がる一方、「便利やけど福井駅の皆さんに会えなくなるのはさみしい」と惜しむ声が寄せられている。

ホワイトボードには、ICカード導入に触れ「これからは改札口でお会いすることが少なくなるかもしれません…。より一層皆様の身近に寄り添える暖かい駅を築いていきたいと思います。皆様と共に、出発進行!! JR福井駅社員一同」と駅員が思いをつづっている。

 

これを受け、SNSでは「(切符の)手渡しが魅力だったのに」「なんだか寂しい」といった投稿が相次いでいる。温かいメッセージに「感動した」「福井駅で働いている駅員さんが好き」といったコメントも見受けられる。

 

山嵜眞副駅長(57)によると、大雪を乗り越え春を迎えた利用者にメッセージを伝えようと2日に初めて設置。「若い社員が利用者への思いを込めた」という。自動改札化については「客に寄り添う気持ちは変わらない。お困りの利用者がいたらより手厚くフォローしたい」と話している。

スポンサーリンク

まとめ

・9月8日より、待ちに待った自動改札機設置!住民歓喜の声!

・駅員さんからの手書きホワイトボードが話題に。

読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

コメント