藤掛陽生 経歴や学歴・家族は!評判や殺人容疑逮捕か?「Y &M病院名の真相」

事件

Y&M藤掛第一病院で、5人の入院患者が死亡。

藤掛陽生院長が殺人容疑がかけられています。

 

藤掛陽生院長の家族は?

Y &Mの病院名にその秘密は隠されていた!?

今回はこの疑問について答えます!



藤掛陽生 殺人容疑逮捕か?

岐阜市一番町1の「Y&M藤掛第一病院」で、

26日夜から27日午前にかけ、

入院患者の80代の男女4人が相次いで死亡しました。

 

岐阜県警が28日発表しました。

4人とも熱中症で死亡した疑いがあり、

4人がいた3、4階のエアコンは20日以降、故障していました。

 

県警は28日、容疑者不詳の殺人容疑で病院を捜索し、

病室の管理が適切だったかなどを調べています。

岐阜市保健所や岐阜県も医療法に基づき立ち入り検査した。

 

県警によると、

27日午後8時半ごろに関係者から県警に通報があり、

発覚しました。

 

26日午後8時40分:84歳女性が死亡

27日午前3時5分 :85歳女性が死亡

27日10時35分 :83歳男性が死亡

27日11時37分 :84歳男性が死亡

 

いずれも検視の結果、

目立った外傷は確認されず、

県警は司法解剖して詳しい死因を調べています。

 

 

4人は気管支ぜんそくや心不全などを

患っていたといいます。

 

さらに本日、

入院患者の男性(84)が、28日夕方に

死亡したことを新たに確認したと発表しました。

この問題での死者は5人となりました。



事件の原因

報道陣の取材に応じた病院の藤掛陽生院長らによると、

 

3、4階のエアコンは20日に故障していた。

各病室の天井に吹き出し口があり、

3、4階を集中制御する構造。

 

業者に修理を依頼したが、

直るまでに1カ月かかると言われ、

20日に扇風機9台を各病室に1台ずつ置いた。

重症患者はエアコンの利く2階に移動させた。

 

また、

「エアコンが嫌いな人もいて、

亡くなった4人は移動しなかった」

 

とコメントしています。

 

故障と死亡の関係に関して、

「いつ病状が急変してもおかしくない状況で、

病院としては何か問題があったとは考えていない」

と話していました。

 

 

県警は業務上過失致死容疑を軸に捜査を進める予定です。

 

殺人容疑での捜索については、

「可能性を広く捉えて証拠品を押収しやすくするため」

としています。

 

 

岐阜市保健所などによると、

病院は4階建てで、

2~4階に療養病床119床がある内科病院。

 

ホームページで藤掛院長は、

「本院が終のすみかとなられる事が多く、

患者様の快適性を追求して日々改善して運営しております」

と記しています。

 

移動などで介助が必要な高齢者の治療を行う

「老人医療」を専門とし、

当時は約50人が入院していたそうです。

 

 

岐阜地方気象台によると、

岐阜市は20日夜から27日午前まで7夜連続で、

最高気温は22日が35.4度、

26日が36.2度で猛暑日となっていました。

最低気温も25度以上の熱帯夜でした。

藤掛陽生(Y&M藤掛第一病院院長)の経歴は?

藤掛陽生院長の経歴を調べてみたのですが、

現時点ではほとんど情報が確認出来ませんでした。

 

院長を務めるY&M藤掛第一病院はかなり大きめの病院です。

「藤掛」という名前が入っている点から、

藤掛陽生院長がオーナーを務めている病院であるかと思われます。

 

これだけの病院を一代で築くというのはかなり困難でしょう。

そうなると地元岐阜市で代々医者の家系で育ったのではないでしょうか。

 

追加情報を確認次第、新たに紹介して行きます。

Y&M藤掛第一病院

病院名の「Y&M藤掛第一病院」という名前。

 

「Y &M」って唐突じゃないでしょうか?

名前の由来として、ちょっと面白い理由に気づきました。

 

院長の名前は陽生(ヨウセイ Yousei)

つまり、名前の頭文字である可能性が高いです。

 

すると、「M」とは夫人の頭文字である可能性が

高いと思われます。

 

それにしても、

名前を病院名につけるとは、

なかなか見ないので逆に新鮮な感じです。

まとめ

・岐阜市一番町1の「Y&M藤掛第一病院」で、入院患者の80代の男女5人が相次いで死亡しました。

・病院名「Y &M」は名前の頭文字

読んで頂きありがとうございます。


コメント