事件

長岡雅人 僧侶の宗派は?やばい発言「電波が飛んできている」何かに信教か?

”自称”僧侶の長岡雅人が、殺人容疑で逮捕されました。

 

「電波が飛んできている」

という供述をしており、

宗派や何かへの信教が疑われます。

今回はこの疑問に迫ります。



自称僧侶の長岡雅人が逮捕

北海道・札幌市で、

自称僧侶の男、長岡雅人容疑者(60)が、

妻子の遺体を切断し遺棄した疑いが

あるとして逮捕されました。

容疑者プロフィール

名前:長岡雅人(ながおか まさと)

生年月日:不明

年齢:60歳

職業:自称僧侶

住所:札幌市豊平区美園5条8丁目

 

被害者 妻プロフィール

名前:長岡木ノ美(きのみ)

年齢:58歳(妻)

職業:不明

住所:札幌市豊平区美園5条8丁目

 

被害者 息子プロフィール

名前:長岡親良(ちから)

年齢:19歳(長男)

職業:不明(事件の日は帰省中)

住所:札幌市豊平区美園5条8丁目

 

妻子死因”窒息・切断”と息子ラインの真実

札幌市豊平区の僧侶の男が、

妻と息子とみられる遺体を遺棄するなどして逮捕。

この事件では、2人の死因は窒息死で、

死後に首が切断されていたことがわかりました。

 

24日から25日の間に自宅で犯行。

札幌市豊平区美園の僧侶、長岡雅人容疑者は、

妻の木ノ美さんと、息子の親良(ちから)さん

とみられる遺体を損壊し、

浴室に放置した疑いがもたれています。

 

その後の調べで、

2人の死因は窒息死で、

死後に刃物で首を切断されていたことがわかりました。

 

木ノ美さんは、

母親が経営する喫茶店で働いていて、

母親が常連客に木の実さんと連絡がつかないと

話していたということです。

 

 

長岡容疑者は容疑は認めていますが

「電波が飛んできている」

という趣旨の供述をしていて、

警察は慎重に捜査しています。

 

また報道では、

27日午後1時頃、顔画像が公開され、

死の直前に息子が友達と

ラインでメッセージ交換していた内容が判明しました。

 

出典:FNN

出典:FNN

出典:FNN

出典:FNN

出典:FNN

 

殺害される前の同級生とのLINEのやり取りが報道されていました。

 

このLINEを最後に、長岡親良(ちから)さんが

同級生に伝えてから一切連絡がとれなくなりました。

このやり取りで同級生はさすがに心配になり、

何か事件があったのではないかと気づいております。




”自称”僧侶の宗派は?

自称僧侶と言うことですが、

お寺は持っていなかったと言うことなのでしょうか?

 

家はかなり立派な佇まいなので、

収入はかなり良かったのではないかと考えられます。

 

そうすると、

ある程度の名のある宗派なのではないかと

考えらえます。

 

僧侶を名乗るには、

例えば「真言宗」だとか「日蓮宗」だとかの宗派に

入らなければならないはずです。

何処の宗派を名乗っていたのでしょうか。

 

新たな情報が入り次第、

更新していきます。

 

ネットの声

 

 

共謀や、他に犯人がいたという説もあるようです。

早く真実が明るみになることを望みます。

まとめ

・”自称”僧侶の長岡雅人が、殺人容疑で逮捕されました。

・「電波が飛んできている」トランス発言。裕福な家庭の様子、メジャーな宗派か。

読んで頂きありがとうございます。