北風麦人 車横転の「死因」は?交通事故で死亡。衝撃!横転時の写真がすごい!

事件

北風麦人くん(6)交通事故で死亡。

北風龍一さん(47)の運転する車が

ガードレールに衝突。

 

車の横転事故。

死因はなんだったのか?

今回はこの疑問を解決します。

 



北風麦人 車横転の死因は?交通事故で死亡。

22日午後4時25分ごろ、

埼玉県寄居町用土の関越自動車道下り線で、

乗用車がガードレールに衝突し、

助手席に乗っていた東京都あきる野市の

北風麦人(きたかぜ・むぎひと)君(6)が死亡しました。

 

 

関越自動車道では、

10時間半に渡って通行止になったようです。

 

死因はおそらく体の強打によるものと思われますが、

埼玉県警が死因についても調べています。

 

運転していた麦人君の父で

職業不詳の北風龍一さん(47)と

男子中学生(12)が軽傷、

妻の和子さん(46)は右足を骨折する

重傷を負いました。

 



横転時の写真がすごい!

ひっくり返った車の写真はこちら。

かなり大きな事故だったのが、

写真から伝わります。

 

事故現場はこちらのようです。

 

東日本の高速道路のうち、

特に長い渋滞が発生する傾向にあるのが

関越道の埼玉県内区間です。

 

なかでも花園IC付近は、

夏休みも激しい渋滞が発生する特徴があります。

 

花園IC付近では上り線に「ゆずり車線」(遅いクルマが速いクルマを避ける登坂車線と同じようなもの)

方式の付加車線を整備し、

一定の効果をあげていました。

 

現在はこの付加車線と花園ICからの

加速車線(合流車線)を連結する工事を

行っていました。

また下り線でも、

花園ICへの減速車線(流出車線)を延伸する

工事を行っていました。

 

 

このゆずり車線における、

車線変更などで事故が発生したのでしょうか。

 

写真でもあった通り、

激しいひっくり返りを起こしています。

 

おそらくスピード超過はあったのだろうと

予想されます。

 

詳しい事故原因について、

調査していきます。

 

まとめ

・北風龍一さん(47)の運転する車がガードレールに衝突して北風麦人くん(6)が死亡。

・事故で車は激しいひっくり返り!死因は強打か。。

読んで頂きありがとうございます。



コメント