事件

池田尚記(47) ひき逃げ容疑逮捕。写真は?動機は何なのか?奈良の暴走事件と関与

池田尚記(47)が、ひき逃げ。

自動車運転死傷処罰法違反と

道路交通法違反の疑いで逮捕。

今月1月の奈良市の暴走事件関与が疑われています。

 

池田容疑者の顔写真は?

動機は何だったのか?

事件を追います。




池田尚記(47) ひき逃げ容疑逮捕。写真は?動機は何なのか?

大阪市平野区で

軽乗用車でひき逃げ事故を起こしたとして、

大阪府警平野署は21日、

住所不定の無職、池田尚記容疑者(47)を

自動車運転処罰法違反(過失致傷)などの疑いで

逮捕しました。

 

捜査関係者によると、前述の事件、

今月1日、

奈良市中心部の商店街を別の軽乗用車が

暴走した事件にも関与した疑いがあり、

奈良県警と共同で捜査しています。

逮捕容疑は4月11日午後2時45分ごろ、

大阪市平野区の府道で軽乗用車を運転中、

信号待ちの車4台に次々と接触し、

運転していた30代と50代の男性2人に

軽傷を負わせて逃げたとしています。

「間違いない」と容疑を認めているといいます。

 

事故直前、

近くにいた平野署員が不審な軽乗用車を見つけて

職務質問しようとしたところ、

池田容疑者が逃走。

2車線に2台ずつ分かれて信号待ちをしていた

車の間を強引に突破して逃げました。

 

 

池田尚記がひき逃げを起こした理由として、

おそらく、奈良市内を軽自動車を起こしたことが

理由として考えられます。

 

発覚するのが怖かったのでしょう。

 

顔写真は現在、調査中です。

情報得次第、更新していきます。




奈良市内を軽自動車で暴走事件と関与

一方、

奈良市の暴走事件は今月1日午後0時半ごろ、

近鉄奈良駅周辺の商店街で発生。

パトカーに追われた軽乗用車が猛スピードで

一般車両が通行できない商店街に進入し、

買い物客らの間をすり抜けました。

 

商店街を暴走した軽自動車が発見されました。

奈良市内の商店街。

1台の軽自動車が猛スピードで走り抜け、

騒然となりました。

 

通行人は間一髪のところで道の端によけ、

けが人はいなかったとのことです。

1日午後0時半ごろ、

パトカーに追跡されていた軽自動車が、商店街を暴走した。

軽自動車が、

パトロール中の警察官を見つけて逃走したことから、

パトカーはおよそ4分間にわたって追跡。

警察は危険と判断し、追跡を中止したが、

その後、軽自動車が奈良市内で見つかりました。

奈良ナンバーで、盗難届は出ていなかったといいます。

警察が、乗っていたとみられる男2人の行方を捜していました。

まとめ

・池田尚記(47)が、ひき逃げ。自動車運転死傷処罰法違反と道路交通法違反の疑いで逮捕。

・奈良市内暴走事件との疑い。

読んで頂きありがとうございます。