根尾昂 二刀流の大谷二世プロ活躍を期待。文武両道!家族は医者・看護師の天才一家!

芸能

大阪桐蔭、甲子園優勝!

5番 根尾昂選手が「カキーン」と快音!

 

春夏連覇の桐蔭“最強伝説”を刻み込んだ根尾選手。

見事、優勝を掴み取りました!

文武両道の根尾選手、激動の野球人生を追います。




根尾昂 二刀流の文武両道。

プロフィール

名前:根尾 昴 (ねお あきら)

生年月日:2000年4月19日

出身地:岐阜県飛騨市

身長:177cm

体重:75kg

ポジション:内外野手兼投手

投打:右投左打

 

 

同じ中部出身ということで、

プロでの活躍も大変期待しています!!

 

 

「投手としての練習は1、2割だというのに

甲子園初先発であの投球は驚き。

まさにセンスの塊ですよ」

 

ベテラン記者が舌を巻くのは、

大阪桐蔭の“二刀流”根尾昂選手です。

 

いや、投手・内野・外野の“三刀流”と言えます。

pastedGraphic.png

pastedGraphic_1.png

「二刀流にこだわりはない」

と語る大阪桐蔭の根尾昂。

 

「身体能力の高さは“規格外”です。

小6のときにソフトボール投げで

何と88メートル92を記録。

参考記録ながら、歴代1位だそうです

 

中学時代で、すでにMAX143kmを投げる

強肩であったようです。

これは規格外!!

 

その秘密は、両親から仕込まれた

スキーにあるといいます。

 

ご両親とも地域医療に尽くす医師で、

スキーの指導員資格を持っています。

根尾選手が生まれた当時は岐阜県飛騨市の

スキー場近くの診療所に住んでいたため、

彼は2歳からスキーを始めた」

 

中学2年のときにはスキーの全国大会男子回転で優勝。

大阪桐蔭の西谷監督らが絶賛する

体幹と下半身の強さは、スキーの賜物のようです。

 

小2で野球を始めると、

中学はボーイズリーグでプレー。

慶応高校を含む全国約30校から勧誘を受けました。

 

家族は医者・看護師の天才一家!

「本人は3年生の夏前に大阪桐蔭へ進むことを

決めていましたが、医学部に進んで欲しかった

ご家族には葛藤があったはず」

 

ちなみに根尾選手の3歳上の兄も

現在岐阜大学在学中の医学部生で、

姉も看護師という

医者一家です。

 

「根尾選手本人は、山奥にある家から

試合のたびに名古屋市内に送り迎えしてくれた

両親に“プロになって恩返ししたい。

そのためにトップレベルの野球部で鍛えたい”

ということでした」

 

中学時代は学業成績も「オール5」で、

同級生からも

「野球も勉強も一生懸命で、本当にリスペクトしてます」

という声が聞かれるといいます。

 

文武両道のスーパースターにスカウト陣からは、

「見ていてワクワクする」

と熱い視線が注がれています。

「“根尾は金本監督の恋人”と言われるほど

熱心な阪神や、地元出身ということで

中日など複数球団がマークしています」

 

また、新たな怪物が誕生しました。



プロでも二刀流?

二刀流といえば、大谷翔平選手。

大谷選手のように二刀流は可能なのか?

 

プロ野球での二刀流は160キロを超えるスピードを

マークし、打っても規格外の飛距離を誇る大谷

にしかできないと言い切ってしまうのは簡単だが、

大谷と違う良さが根尾にはあることもまた事実です。

 

例えばピンチでも表情一つ変えずに投げ切る投手

としての強さは高校時代の大谷にはなかったもの

であり、リリーフとしての適性も大いに感じられます。

 

新時代の、ネオ大型ルーキーに注目します!

まとめ

・大阪桐蔭、甲子園優勝!史上初の春夏2回連覇に活躍、二刀流 根尾昂。

・成績オール5の文武両道の天才。プロでも二刀流の活躍を期待。

読んで頂きありがとうございます。



コメント