ベネズエラ デノミの投資機会は?5桁デノミで最低賃金35倍アップ!

事件

インフレ対策にベネズエラが5桁デノミ!

新紙幣引き出しに行列、供給が追いついていません。

デノミにあわせ、

最低賃金が約35倍に引き上げられる見通しです。

 

この機会に、投資機会はあるのか?

効果の期待は?

今回はこの疑問を解決します。

スポンサーリンク

ベネズエラが5ケタデノミ 新紙幣引き出しに行列

20日、

南米のベネズエラ政府は、

通貨単位を5ケタ切り下げる、

デノミ(通貨単位の切り下げ)

の実施に成功したと発表しました。

 

マドゥロ大統領が力を入れるプロジェクトですが、

経済が好転する兆しはみえていません。

さっそく新紙幣の不足が取り沙汰されるなど、

懸念は強い状況です。

 

 

新紙幣引き出しには大行列・・・

新しい紙幣を引き出せるATMは一部に限られています。

 

現地記者いわく、

「引き出せるのは主に

10ボリバルソベラノ(約18円)紙幣だけ」

といいます。

 

 

デノミ実施日の20日を休日とし、

銀行や商店を休業させたうえでデノミを実施しました。

銀行決済などのシステムも止まったため、

全国的に経済活動はほぼ停止状態となりました。

 

ベネズエラは紙幣の印刷を海外に委託していますが、

財政難で十分に調達できていない可能性があります。

デノミにあわせ、

最低賃金を約35倍に引き上げると決めたため、

インフレが加速し、

再び紙幣が不足する可能性があります。

 

 

マドゥロ氏が世界初と主張する

仮想通貨「ペトロ」+ボリバルソベラノ

のペッグ(連動)も効果が不鮮明です。

 

ベネズエラ政府が独自に発行するペトロについて、

米国は制裁の一環として取引を禁じているため、

主要な仮想通貨交換業者は取り扱っていません。

 

ベネズエラの有力経済団体フェデカマラは

20日、新通貨とペトロのペッグを

「深刻な過ち」と非難しています。

スポンサーリンク

投資機会は?これからどうなる?

結論、このように不安定な国政状況での投資は

お金をドブに捨てる行為にも匹敵すると思います。

 

なぜなら、

国の経済統計の公表がされていないためです。

 

政府機関は、

国の崩壊の本当の姿を隠すために、

経済統計の公表を停止しています。

 

ニコラス・マドゥロ大統領は経済改革を拒み、

現在の危機を、国内の反政府派が

アメリカやその他の競争相手国と手を組んで

仕掛けた「経済戦争」のせいだとしています。

 

 

中身もわからず予想もできないブラックボックスに

お金を投じるのは博打であり、

投資とは言い難いでしょう。

 

 

通貨の崩壊により、

海外からの食糧や燃料、医療品の輸入もままならず、

もともと低い生活水準はさらに悪化しています。

 

国の保健当局に適切な予防や、

治療のための資源がないため、

麻疹やマラリアも流行しています。

 

 

国民を飢えさせないため、

マドゥロは、食料価格の高騰に対抗するため

労働者に追加の食事券を配ると約束しました。

 

また、

マドゥロは今年4回、最低賃金を引き上げました。

ロイター通信によれば、

最低賃金は月300万ボリバルに達しているが、

闇市場の為替レートではわずか1.14ドルと言います。

 

国の状況は全く良い方向には進んでおらず、

依然、危機的状況にあると言えると思います。

まとめ

・インフレ対策にベネズエラが5桁デノミ!新紙幣引き出しに行列、供給が追いつかず。

・国の経済統計が公表されず。投資機会はないと思われる。

スポンサーリンク

コメント