樋渡翔成 母親へ”最期の動画”。母・父遺族の声、「とても楽しそうだった」

事件

岩手県久慈市の漁港沖合にてボート転覆。

樋渡翔成くん(12)が

搬送先の病院で死亡が確認されました。

 

「母へ最期の動画」

亡くなる直前の姿と、

母、父の遺族の声。




樋渡翔成 顔写真と死因は?事故直前の姿。

プロフィール

名前:樋渡翔成(ひわたり かいせい)

年齢:12歳

住所:青森市

身分:小学6年生

事故現場:久慈市の舟渡漁港の南東約7・5キロ沖合

 

こちらが事故直前とされている姿。

 

母親に船上で楽しそう笑っている姿が

動画で送られていたそうです。

 

 

15日午後2時10分頃、

岩手県久慈市の久喜漁港の南東約7・5キロ沖合で、

救命胴衣を着けた男性3人が浮かんでいるのを、

県警の警備艇が発見しました。

 

 <3人が発見された現場>

 

 

3人は病院に搬送されましたが、

青森市の小学6年樋渡翔成君(12)の

死亡が確認されました。

 

翔成くんの死因は水死で、

遺体は15日夜、家族に引き渡された

ということです。

 

 

八戸海上保安部などによると、

同船していた3人は親戚で、

久慈市の会社員、瀬野昭司さん(46)と

東京都江戸川区の大工、外舘博幸さん(43)は

命に別条はありません。

 

14日朝、久慈市の舟渡漁港から船外機付きの

組み立て式ボート(全長3.3m、幅1.6m)で

釣りに出たまま戻らず、

県警や海保が捜索していました。

 

15日午前9時40分頃、

転覆したボートが見つかり、

その後、3人がクーラーボックスに

つかまった状態で発見されました。



母親へ最期の動画。遺族の声。

岩手県沖合へ海釣りに出てボートが転覆、

死亡した小学6年樋渡翔成君への

親族の悲しみの声がいたたまれません。

 

 

●翔成君の母・美樹さん

「釣りでは岸壁に出かけることはあったが、

船釣りは今回が初めてだった」

 

(しばらくして美樹さんのスマホに、

船上でリールを巻く翔成君の写真や動画が届き)


「とても楽しそうだった」

 

 

最後には笑いながら

 

「バイバイ」

 

とカメラに向かって手を振る動画が、

母親に届けられた翔成くんの最後の笑顔でした。

 

 

●父親

(バスケットボールの練習風景を見て)

 

「どんどん上達して今年活躍すると思っていた。

まさか急に亡くなるとは思わなかった」

 

と肩を落としました。

 

 

母親に届けられた翔成くんの最後の笑顔が

頭に残ります。

 

ご親族には、癒えるまでは悲しみに向き合い、

残されたご遺族の方には

ゆっくり傷を癒して頂きたいと願っています。

まとめ

・岩手県久慈市の漁港沖合にてボート転覆。樋渡翔成くん(12)が搬送先の病院で死亡。

・亡くなる直前に母へ動画。家族の悲しみの声。

読んで頂きありがとうございます。



コメント