事件

カブトムシど~む早く閉園。猛暑で3000匹衰弱死。なぜ35度以上で弱る?対策は?

かぶとむしど~む予定より早く閉園。

猛暑の影響で3000匹以上が衰弱死

 

猛暑の影響が思わぬところに。

カブトムシはなぜ35度以上で衰弱してしまうのか?

原因と対策を調査しました!



カブトムシど~む早くも閉園。猛暑で3000匹衰弱死。

子どもたちが大好きなカブトムシ。

夏を代表する昆虫ですが、

兵庫県の観察施設で7月以降

次々と衰弱死していることがわかりました。

猛暑の影響とみられています。

 

兵庫県市川町にある「かぶとむしど~む」。

22年前から毎年、夏場だけオープンするこの施設。

放し飼いにされた約200匹のカブトムシと

自由に触れ合えると大人気です。

しかし、15日は・・・・・

 

渡紗也子記者リポート:

「敷地内を歩き回っていますが

カブトムシの姿はほとんど見当たりません」

 

訪れた人:

「前のほうがカブトムシが多かった。」

「1匹もいてない。残念です、孫が残念」

 

午前中に放されたカブトムシが

ところどころにいるだけの、

なんとも寂しい状況となっていました。

 

 

飼育員の岡本さんによると、

7月以降、カブトムシが次々と衰弱し、

これまでに3000匹以上が死んでしまった

ということです。

 

 

飼育員 岡本美幸さん:

「とにかく異常気象で暑すぎて、

今年は雨がない。虫が弱り切ってしまうんです。

午前中に放しても昼に死んでしまう」

 

市川町のある播磨北西部もこの夏

平年を大幅に上回る暑い日が続いていて、

隣町の福崎町では観測史上最長となる

14日連続で猛暑日を記録しました。

 

 

奈良県の橿原市昆虫館によりますと、

カブトムシはとても暑さに弱く、

気温が35度を超えると急激にダメージを受ける

ということで、

衰弱死した可能性が高いとみられています。

「かぶとむしど~む」は本来なら

19日の日曜日まで営業する予定でしたが、

補充するカブトムシが底をついてしまい、

16日で閉園することに決めました。

 

飼育員 岡本さん:

「申し訳ない、それだけです。

これは自然のことなんでしょうがないですね」

 

営業を急きょ中止するという異例の事態。

施設側は来年、暑さ対策を考えたいとしています。




なぜ気温35度以上で弱るのか原因は?対策必須!

●なぜ猛暑に弱いのか?

カブトムシは真夏(30℃を超える場合もある)に

活動をしているわけですから、

当然暑さにも強い。

 

そう考えてしまうのが当然といえば当然です。

ですが、実際はクワガタやカブトムシは

雑木林などの日陰で過ごしていたり、

木の皮に隠れていたりと、

あまり暑くない場所で過ごしています。

 

幼い頃、雑木林でカブトムシを

見つけたことはないでしょうか?

思った以上に涼しく、

過ごしやすい気温に感じたのをよく覚えています。

 

そのため、

屋内で飼育を行う場合も

30℃を超える環境では弱ってしまう事も

あるという事がわかります。

 

 

●具体的な温度管理対策は?

具体的な温度管理方法ですが、

暑さ対策として要するに、

「どうしたら体感温度が下がるか」

という事を考えます。

 

1 密閉空間においての保冷材での管理

2 同じく密閉空間においての冷凍水入りのペットボトル

3 タライや桶や水槽に水を入れて、菌糸ビンや飼育ケースを中に入れる。

4 飼育ケースや菌糸ビンを土の中に埋める(土で包む)

5 日陰を作り扇風機で風を回す

6 クーラーで温度管理

 

ちなみに、

僕は農作業をするときによくやっていましたが、

ペットボトルに水をいれて

冷凍にする場合は水に塩を入れて凍らせる

溶けるまでに時間が掛かり長持ちします。

是非とも試してみてください!

 

 

まとめ

・かぶとむしど~む予定より早く閉園。猛暑の影響で3000匹以上が衰弱死。

・真夏でも涼しい雑木林などにいるカブトムシは35度以上で衰弱する。温度低くなる対策を。

読んで頂きありがとうございます。