金田利之瑞穂区長「返金しろ!」と恐喝逮捕。暴力団関与!?誰に?理由は?顔写真公開

事件

名古屋市の金田利之瑞穂区長(60)。

 

知人女性に貸した金を、

返してもらうため暴力団の存在を

ちらつかせ恐喝したとして逮捕されました。

 

返金の期限はすぎていたのか!?

ということが分からないと判断できませんが、

何にせよ区長が「恐喝」という手段を使うのはNG。

 

暴力団関与!?

お金は誰に?

理由は何だったのでしょうか?

スポンサーリンク

金田利之瑞穂区長 返金のため恐喝未遂で逮捕。

僕は生粋の愛知県民ですが、

名古屋市に住んでいたときも、

お金トラブルのニュースは多くありました。

 

結婚式などお金を使うときはパッと使うが、

普段の財布の口は堅いというのも

お金のトラブルが起きやすい原因かと思います。

 

 

恐喝未遂の疑いで逮捕されたのは、

名古屋市瑞穂区長の金田利之容疑者(60)。

名古屋市HPより

 

警察によりますと、

5月21日午後8時45分から約10分の間に、

金田容疑者は、金を貸していた知人女性(39)

の携帯電話に、

「暴力団に依頼した。

きつい取り立てが行く。自業自得じゃ!」

 

「男をなめとったらあかんぞ、われ!」

              (引用:サンスポ

などとメールを複数回送り、

現金を脅し取ろうとした疑いがもたれています。

 

8月中旬までの間に、

同様の内容のメールを数十通送っていた

ということです。

 

 

 

金田容疑者は、

「メールを送って被害者を脅してまで

お金を回収しようとしたことは記憶にありません」

などと供述し容疑を否認しています。

警察は、瑞穂区役所などを捜索し

容疑の裏づけを進めています。

 

金田容疑者は2016年4月から

名古屋市の瑞穂区長を務めています。

スポンサーリンク

暴力団関与!?お金の関与と理由は?

●区長の仕事ぶりと暴力団という言葉

金田利之瑞穂区長

株式会社国際デザインセンター総務部長

→市議会事務局次長

→市民経済局市民生活部長

→瑞穂区区民生活部長

 

2016年4月から瑞穂区長を務めていました。

その中で、「暴力団」という言葉がふさわしくない

以下のような話をしています。

 

瑞穂区は安心安全な街としても自信があるんですよ。

人口1,000人あたりの刑法犯認知件数が

平成29年中は16区で最少。

これは平成26年から4年連続。

 

地域の皆さんが、

町内会で啓蒙活動や防災訓練などに、

熱心に取り組んでくださっている

成果だと思います。

    (参考・出典:瑞穂区公式リーフレット)

 

瑞穂区住民の住みやすさに関するコメント

治安が良く静か
教育に熱心な町
子育て世代にも年配世代にも住みやすい町

 

これらのコメントに

暗雲を落とす形となった

金田利之区長の「暴力団」発言と暴言。

 

暴力団との関与はまだはっきりと

公表されていないのですが、

町を守る側の人間が発するセリフとしては

少々見過ごせないものがあります。

 

 

●お金は誰に?理由は?

夜のお店で知り合った、従業員の女性に

30万円を貸したとなっています。

 

おそらくですが、意中の女性を

つなぎとめるためのお金だったのでしょう。

 

ただ、女性の方にも

半年もお金を借り続けていたのは

どうなのかと疑問を持ちます。

 

何かしらの事情があったかもしれませんが、

借りたお金は早めに返した方が、

今回のような事件に巻き込まれないので。

 

 

ただ、

区のリーダーとなる区長が、

許されることでないのはやむ得ません。

同愛知県・弥富市長は路上キスで辞任に追い込まれ↓

服部彰文 フライデー愛人の顔写真!貢ぎ額いくら?路上キス浮気相手はミス弥富金魚の母
服部彰文氏が路上キス!愛人の顔写真や貢ぎ額はいくら? フライデーにまた政治家の不倫が掲載されています。 今回は、愛知県弥富市長の服部彰文氏。 浮気相手は元ミス弥富金魚のようです。 早速調べてみました! ...

まとめ

・名古屋市の金田利之瑞穂区長、女性に貸した金を返してもらうため恐喝し逮捕。

・お店の女性に30万を貸していた。瑞穂区のイメージとは真逆の区長発言。

読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

同じく瑞穂区の凶悪事件。結果は・・・??

大橋利雄 初公判で判決は。起訴罪状「傷害致死・強制わいせつ・窃盗」の刑罰
大橋利雄容疑者の初公判が行われました! 初公判で罪状 「傷害致死・強制わいせつ・窃盗起訴」を認めました。 一回り年上のいとこに性的暴行を働いたうえに、 殺し、強盗までしたという常軌を逸した事件です。 ...

コメント